Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


タグ:PEACE ( 9 ) タグの人気記事

He Was Beautiful / Cavatina   Part2

- 1970年 Stanley Myers + 1976年 Cleo Laine -
c0163399_1171419.jpg

冒頭画像は「 BD/洋画/ディア・ハンター (Blu-ray)/GNXF-1216 」(2011年 ジェネオン)

映画の詳細データ→IMDB

さて、Part1で、この曲生まれた経緯と各関係者の動向を見てきましたが、何といっても、この曲が世界的に有名になった切っ掛けは映画"The Deer Hunter"でした。

ここでは、183分に及ぶこの大作の中で、マイケル・チミノ監督の要請や彼との議論を経て、スタンリー・マイヤーズが(既作の"Cavatina"を含め)どんな音楽を作り出し、それが映画の中で、どう使われたかを、"Cavatina"を中心に粗筋を追う中で見ていきましょう。
(ここから先は、映画の核心部分に言及しますので、まだ映画を見ていない人は、見てから読まれることをお勧めします)

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-05-23 00:00 | SONG | Comments(0)

He Was Beautiful / Cavatina   Part3

- 1970年 Stanley Myers + 1976年 Cleo Laine -
c0163399_23373379.jpg

シンプルで平易なメロディ、可憐で繊細。
時に優しく、時に切なく響き、心に染み入るかのような、その調べ。

Part1では、この曲が作られてから"The Deer Hunter"に使用され、世界的に有名になるまでを見てきました。
それらのシーンに立ち会い、貢献してきたギターのジョン・ウィリアムズ抜きには、この曲は語れませんが、彼もまた、この曲を契機に、大衆的知名度・人気も得て、従来の「クラシック・ギターのプリンス」からポピュラーを含む音楽全般に亘る多彩な活動を広げるミュージシャンへと成長していきます。

一昔前のギター小僧達の目標あるいは動機は、好きな女の子の前で流暢に"Recuerdos De La Alhambra「アルハンブラの思い出」"や" Romance 「禁じられた遊び(愛のロマンス)」"をつま弾いてみせることでした。
彼等のヒーローはセコビアであり、イエペスであり、ブリームでした。
今やそれらに取って代わる存在となったのが、この曲であり、ジョン・ウィリアムズなのかも知れません。

一見シンプルなそのメロディは、誰でも容易に弾けそうな錯覚に陥りがちですが、セーハー(一つの指で複数の弦を押さえる技法、バレーとも言う)も、結構出て来るので、初心者には、実は、なかなかの難物です。


冒頭画像はジョン・ウィリアムズ"Ultimate Guitar Collection" (2005年 Sony)
所謂ベストものですが、上記の曲を含めギターのスタンダードが網羅され、また、彼の広いレパートリーがコンパクトにまとめられており、今やギタリストとして頂点に立つジョン・ウィリアムズやクラシック・ギターの入門編として最適でしょう。しかも比較的廉価です。
なお、ここで収録されている"Cavatina"は96年収録のものです。
オリジナル盤:Plays the Movies (Sony)


Part3では、クレオの書いた"He Was Beauriful"の歌詞、この曲のヒット状況とカヴァー、そして、映画「ディア・ハンター」のヒット以後の関係者達の動向を見ていくことにしましょう。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-04-30 23:59 | SONG | Comments(0)

He Was Beautiful / Cavatina   Part1

- 1970年 Stanley Myers + 1976年 Cleo Laine -
c0163399_23503222.jpg

英国の作曲家Stanley Myers スタンリー・マイヤーズが1970年に"Cavatina"を作曲。
1976年に英国の女性ジャズ・シンガー、Cleo Laineクレオ・レインが"He Was Beautiful"のタイトルで歌詞をつけました。

Cavatinaカヴァティーナとは、音楽用語(イタリア語)で、元来、反復部のない素朴な性格の短い歌曲の意。現在では素朴な旋律を持つ歌謡的声楽曲または器楽曲を指します。
したがって、このタイトルを冠した作品は他にも沢山あります。
しかし、その中でも、映画“The Deer Hunter「ディア・ハンター」”(1978年)の主題歌としてJohn Williamsジョン・ウィリアムズ がギターで演奏し、「ディア・ハンターのテーマ」とも表記される本曲が一番有名でしょう。

ところで、この曲は元々は別の映画の為に書かれたものでした。
以下、この曲が生まれてから上記映画に使用されるまでの各関係者の動きを追ってみましょう。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-03-03 20:00 | SONG | Comments(0)

Silent Night / Stille Nacht! Heilige Nacht! 「きよしこの夜」    Part 3

- 1816年  Josef Mohr + 1818年 Franz Xaver Gruber -
c0163399_2312116.jpg

Part1:この曲の誕生の背景、クリスマス休戦
Part2:歌詞の世界、翻訳者達

さて、Part3は「カヴァー」特集です。
世界300以上の言語で歌われているこの曲について、その代表作品を選出することなど、文字通り、神をも畏れぬ所業ですが、割り切って私の好みでいくつかピックアップしてみましょう。


因みに、冒頭の画像はフィル・スペクターの一党によるクリスマス・アルバム"A Christmas Gift for You from Phil Spector"(Philles / Universal 63年)
60年代ポップス・ファンにはたまらないアルバムでしょう。
子飼いのアーティストで固め、得意のウォール・オブ・サウンド(Wall of Sound)を聴かせます。
ただ洗練された現代のサウンドに慣れ親しんでいるリスナーには、このぶ厚いエコーもただただモコモコとした響きに聴こえるだけかも知れませんが…?

More    こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2009-12-20 17:09 | SONG | Comments(0)

Silent Night / Stille Nacht! Heilige Nacht! 「きよしこの夜」    Part 2

- 1816年  Josef Mohr + 1818年 Franz Xaver Gruber -
c0163399_07377.jpg

Part1 (本曲の誕生の経緯) からの続きです。

無限の時の中で繰り返される出会いと別れ…
この歌もそれらの偶然の歯車がたまたま噛み合って生まれた作品でした。
戦争の後遺症、洪水や凶作、失職や飢餓との戦いに疲弊したオーストリアの小さな船乗りの村で、ヨゼフ・モーアとフランツ・グルーバーが出会い、共に過ごしたのは僅か2年間のことでした。
その奇跡とも言うべき出会いが世界中で最も愛されている歌を生み出したのです。
ある意味、それは偶然ではなく「必然」だったのかも知れません。

さて、Part1でもご紹介のとおり、この曲はライナー・ファミリー合唱団の活動を通じて、誕生から21年後の1839年には新大陸に伝えられ、現在では300以上の言語に翻訳されています。
冒頭の画像はエンヤ(Enya)による"Oiche Chiun (Silent Night)" [Maxi Single](Warner Bros. 92年)
アイルランド・ゲール語("Danny Boy" 参照)で歌われています。
Part2では歌詞の世界をみていきましょう。

More    こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2009-12-13 18:25 | SONG | Comments(0)

Silent Night / Stille Nacht! Heilige Nacht! 「きよしこの夜」    Part 1

- 1816年  Josef Mohr + 1818年 Franz Xaver Gruber -
c0163399_15593615.jpg


おそらく世界中で最も知られているクリスマス・キャロルにして賛美歌。
300か国語に訳され、カトリック、プロテスタントの別なく歌われています。
キリスト教徒でなくても、現代文明の中で生きている限り、この曲に触れたことのない人はまず皆無でしょう。

1818年のクリスマス・イヴ、
オーストリアの小村オーベルンドルフ(Oberndorf bei Salzburg)の聖ニコラ教会(St.Nikolaus Kirche)のクリスマス・ミサで初演されたこの曲は、同教会の助任司祭(副司祭)のヨーゼフ・モーア(Joseph Mohr)(1792 - 1848)が作詞、同じく教会の合唱指揮者兼オルガニストでだったフランツ・クサーファー・グルーバー(Franz Xaver Gruber)(1787 - 1863)が作曲したものです。

以上の「事実」については、完全に立証されていますが、しかしその一方で、この曲の誕生を巡っては、次のような「伝説」がまことしやかに流布されています。

そのクリスマス・イヴのこと。
ヨゼフ・モーアは教会のオルガンのふいごが前夜ネズミに噛み切られ音が出なくなっていることを発見しました。村にはオルガンを修理を出来る者はおらず、チロルから修理工が年明けに来るのを待つしかありません。このままではクリスマス・ミサが出来なくなると思った彼はその場で詩を書いて、フランツ・グルーバーに渡し、ギターで伴奏出来る曲を付けて欲しいと頼み込みます。モーアは日頃からギターを持ち歩いていたのです。彼は更に二人で歌おうと提案します。
グルーバーは最初尻ごみしますが、これに応え短時間で曲を完成させます。
ミサは大成功でした。
年が明けてオルガンの修理にやってきた職人がこの曲を気に入り、チロルへと持ち帰り、やがて、ヨーロッパへ、新大陸へ、そして世界中に伝えられていきました…

実によく出来た話です。
でも、「出来過ぎ」てはいませんか?
さて、真相はいかに?

More    こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-12-24 09:14 | SONG | Comments(2)

O Holy Night / Cantique de Noel 「さやかに星はきらめき」

- 1847年 Adolphe Adam + Placide Cappeau / John Sullivan Dwight -
c0163399_213326.jpg

讃美歌第二編219番、クリスマス・キャロル

賛美歌は替え歌、異なる歌詞が存在することが多く、この曲もその例に漏れません。
タイトルが「聖夜」となっている訳詞も存在します。
ここでは最も知られている、上記メンバーによるフランス語、英語詞の作品についてお話します。

More    ここをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-12-18 20:15 | SONG | Comments(0)

Song Of The Birds / El Cant dels Ocells 「鳥の歌」

- trad(伝承歌) -
c0163399_2053884.jpg


世界的なチェリストであるパブロ・カザルス(1876-1973 音楽家 詳細は"WHO'S WHO"参照)の演奏で有名になった彼の故郷カタルーニャの民謡。
特に彼が94歳(1971年)の時に国連で行った演奏により「平和の歌」として強烈な印象を世界に与えました。
日本では讃美歌「新聖歌」に94番(訳詞:奥山正夫)として収録。

有美さんはこれに独自の歌詞を付けて歌っています→My Poem(ここをクリック)

今回は、カザルスがこの歌に込めた「思い」を、この歌自体の物語とカザルスの半生、そして故郷カタルーニャ地方の歴史を通じて見てゆきたいと思います。

More    こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-09-04 20:42 | SONG | Comments(0)

What A Wonderful World 「この素晴らしき世界」

- 1968年 Robert Thiele + George David Weiss -
c0163399_0343776.jpg

ジャズ界の巨人、サッチモことルイ・アームストロングの晩年のヒット曲であり、最初から彼の為に作られた曲です。
(冒頭画像はアルバム"What A Wonderful World"(ABC)のジャケット)
いつ聞いても心が洗われるような素晴らしいメロディと歌詞だと思います。
そして、サッチモのダミ声がまたこの曲によく合っています。
ABCレコードのプロデューサーのボブ・シール(注1)は、“Hello Dolly”に次ぐサッチモの曲のアイデアを練っていました。これまでのデキシーランド・ジャズ風の軽快なリズムではなく一味違う曲をやってもらいたいと、作曲家のジョージ・ディヴィッド・ワイス(注2)と相談しながら、自らもGeorge Douglasのペン・ネームで、当時エスカレートする一方のヴェトナム戦争と荒廃ムードに陥ったアメリカに胸を痛めて、平和な世界を夢見るこの歌詞を(二人で)書きました。(歌詞は後記参照)
しかし、曲名に反して、この曲が世に出る迄には、内部では「一波乱」があったのです。
ABCレコード社長のラリー・ニュートンはボブ・シールのこの方針が全く気に入らず、録音を妨害しようとまでしました。当然ながら録音した曲のシングルの販売についても反対し、周囲の説得でようやくリリースに同意しましたが、意図的に宣伝の手抜きをしたとボブ・シールは自著(注3)に記しています。その為でしょうか、米国でのシングル盤リリースの際は、マイナーヒット程度に留まりました。しかし、英国では堂々No.1ヒットを記録。当時のNo.1最年長記録を更新(66歳10月)しました。アルバム制作を望む英国からの強い要求に、さしものニュートンも折れ、サッチモの生涯最高売上を記録する上記アルバムはこうして作成されることとなったのです。

c0163399_1495674.jpg
やがて、この曲はいくつかの映画でも採用され、また、ダイアナ・ロス、アン・マレー始め、様々なアーティストがカバーし、愛と平和の歌としての地位を確立していきます。(ボブ・シールは自分の奥さんのTeresa Brewerにも歌わせています)
日本でもCMに採用され、すっかり、お馴染みになりました。

関連する映画の中から一つだけ、ご紹介しましょう。
87年公開された"Good Morning Vietnam”はヴェトナム戦争当時、前線の兵士を鼓舞する為に呼び寄せられたDJの物語で、異色の反戦映画として名高い作品です。
映画公開当時、この曲はリバイバル・ヒットしました。

さて、最後に、この曲と彼の最晩年(死の前年)におけるエピソードをご披露したいと思います。
1970年、彼の70歳を記念する、後に"Louis Armstrong And His Friends"(RCA)と呼ばれるアルバムが制作されていました。
c0163399_1483136.jpg
多くのアーティストが集まりました。
バックコーラスとして、なんとマイルス・ディヴィスやオーネット・コールマンまで加わっています!
サッチモはこの中でニルソンのヒット曲の"Everybody's Talkin'"やジョン・レノンの"Give Peace A Chance"、ピート・シーガーの"We Shall Overcome"などを採り上げます。
そして、オリヴァー・ネルソンのオーケストラをバックに再びこの曲が録音されました。

イントロが始まると突然、サッチモは次のようなことを語り始めました。

若い連中が俺に言うんだ
「素晴らしき世界」って一体なんなんだい?
各地に広がる戦争、飢餓や汚染をどう思ってるんだい
世界はちっとも素晴らしくはないぜ、って

よし、このおいぼれの言うことを少し聞いてくれよ
俺にはなあ、世界はそんなに悪くはないように思えてならないんだ
そう思って行動すればね
愛だよ、ベイビー、愛
それが秘訣さ
もっと俺達が愛し合えば、世界はきっと良くなる
それがこのおいぼれがずっと言い続けて来たことなのさ

そしてサッチモは歌い出すのです。

♫ 私の眼に映るもの
  木々の緑、バラの赤
  花開いている
  私とあなたの為に
  そして私はつくづく思う
  この世界は、なんて素晴らしいのだろうと

歌詞全文はこちらを参照。
1999年、この曲はグラミー賞の名声の殿堂入りを果たします。

そして、この曲はシンガー、有美さんにとっても、特別な思い出がある1曲でもあります。
しかし、その話はまた別の機会に。


注1) 1922年7月27日-1996年1月30日 レコード・プロデューサー ジャズ・ミュージシャンとしてもクラリネットを演奏。
17歳でSignature Recordsを創業。 レスター・ヤング、エロール・ガーナー、コールマン・ホーキンス等を録音。
その後、デッカ、キャピトルと渡り歩き、61-69年にImpulseレコードの責任者となる。その親会社がABCレコード。この時期、彼はジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、アルバート・アイラーそしてデューク・エリントン等と組んでジャズ史に残るレコーディングを行いました。そして、最も売れたLPは、今回の"What A Wonderful World"でした。

注2) 1921年4月9日ー NY生まれ 作曲家
代表作にThe Lion Sleeps Tonight 
共作に Lullaby of Birdland 、Can't Help Fallin' in Love
1984年 "Songwriters Hall of Fame"入り。

注3) What a Wonderful World:A Lifetime of Recordings (Oxford)



アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバムに関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-07-05 11:21 | SONG | Comments(2)