Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


タグ:MUSICAL/OPERA ( 16 ) タグの人気記事

ソンドハイム祭り pt2 「スウィーニー・トッド」 Vol.2

c0163399_22232968.jpg

冒頭画像はVol.1掲載のものとよく似ていますが、Vol.1は2007年公演時のポスターで、こちらが今回の再演版、就中、KAAT版(2011年7月」9-10日)です。
アンソニーとターピン判事のキャストが入れ替わっているのが分かりますか?

さて、今回は、ソンドハイムの傑作ミュージカル「スウィーニー・トッド」の後篇です。

【 舞台の衝撃、反響、再演 】
c0163399_124679.jpg「マチネの御婦人には刺激が強すぎたわね、彼女たちは、舞台上で何が起きているのか計りかねたみたい」
これは今回の再演版のパンフに記されていた、初演時ジョアンナを演じた Sarah Rice サラ・ライスの言葉です。
その言葉のとおり、初演の舞台は衝撃をもって迎えられます。
ロマンチックなストーリーやファンタジー、サクセス・ストーリー等の夢物語とは全くかけ離れた、およそミュージカルらしからぬテーマと展開。
夥しい血が流され、ラストシーンでは主要人物の大半(5人)が死亡すると言う痛ましい結末…
たしかにシェイクスピアのハムレットもこのパターンでした。しかしあれは、ストレート・プレイ。
ソンドハイムは、それまでのミュージカルの限界(といつの間にか思われていたもの)を突き崩し(そもそも、その楽曲の重厚さ、難易度の高さから、ミュージカルではなく、オペレッタそのものではないか、と言う指摘もありますが)スウィーニーの悲劇をドラマチックに我々に提示してみせたのです。
結果として、Vol.1記載のとおり、初演はロングランを記録し、商業的にも成功をおさめます。
c0163399_1311827.jpg
その後、トッド役のLen Cariou レン・キャリウがGeorge Hearn ジョージ・ハーン(彼は80年3月からブロウドウェイ版にも出演していました)に代わった他は、ほぼオリジナルキャストに近いメンバーで80年10月からUSツアー(巡業)が実施されます。
81年8月のLA公演の模様はTVで放映されました。
(右画像はTV版収録のDVD)

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-07-17 00:01 | 口上 | Comments(0)

ソンドハイム祭り pt2 「スウィーニー・トッド」Vol.1

c0163399_18434027.jpg

観てきました---「スウィーニー・トッド」"Sweeney Todd"
7月9日のソワレ、会場は神奈川芸術劇場(KAAT)。

堪能しました。
細かい欠点をあげればキリはありませんが、全体として十分楽しませてもらいましたし、
ある面では期待通り乃至期待以上のものでした。

前月の「太平洋序曲」はプロットに所縁の深い神奈川=KAATのみの公演でしたが、本作品はそうではありません。
フジテレビ、ホリプロが企画制作し、5月14日の青山劇場を皮切りに同劇場他全国を巡業し、KAATでの公演は2日だけ。(7月10日が全公演の千秋楽)
ところで、何故、私は観劇の場所にKAATを選んだのか?
理由はシンプル---
私の住まいと仕事場に近いこと。そして、青山劇場より4100円安い(S席比較)から。
残念ながら、複数回観劇する程の時間とカネの余裕には恵まれていないもので…

さて、最初から脱線してしまいましたが「ソンドハイム祭り」のpart2はこの作品です。
多作家のソンドハイムの数ある作品の中でも人気、評価とも高い1作です。
しかし、その題材やテーマは重く暗いもので、ソンドハイム自ら「ドラマ性の強い、残酷なダーク・オプレッタ」と呼んでいます。
勿論、コミカルな部分も織り交ぜ、彼の特徴でもある不協和音を多用した複雑で難解な歌曲、早口で捲し立てる歌曲等がオーケストラの重厚なサウンドでオペラチックに綴られていきます。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-07-10 17:14 | 口上 | Comments(0)

ソンドハイム祭り pt1 「太平洋序曲」

c0163399_2125811.jpg

見てきました"Pacific Overtures"「太平洋序曲」
6月18日(土) 、公演2日目のマチネ
劇場は神奈川芸術劇場
ペリー来航で右往左往する当時の日本を描いた作品を上演するには格好の場所ではあります。まさに、"Welcome to Kanagawa"
同劇場は略称KAAT、 横浜市中区山下町に今年1月オープン。芸術監督は宮本亜門。
(以下、敬称略で記述。関係者の皆さん、ごめんなさい)
冒頭画像はそのポスターから。

スティーヴン・ソンドハイム Steven Sondheim (ファースト・ネームは「ステファン」、ファミリー・ネームは「ソンダイム」と表記されることもあります) (1930 - )は、私が最も気になっているミュージカル作者の一人です。
折りしも、東京では彼の代表作である"Sweeney Todd"「スウィーニー・トッド」が始まりました。
まるで、ちょっとした「ソンドハイム祭り」状態です。両作とも演出は宮本亜門。
氏はソンドハイムの全作上演を目指しているそうです…
実は「スウィーニー・トッド」も、同劇場で見る予定(7月9日)ですので、この機会をとらまえて、本ブログで今月と来月の2回に分けて、ソンドハイムのミュージカルについて書いてみたいと思います。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-06-21 01:10 | 口上 | Comments(2)

Summertime  Part 3   "Porgy and Bess"

- 1935年 George Gershwin + DuBose Heyward -
c0163399_23205595.jpg
今回採り上げた"Summertime"はポピュラー・ファンで知らない人がいない程、有名で人気のある曲です。
Part1ではこの曲の背景、Part2ではカヴァー曲について見てきました。
Part3では、本曲以外にも多くのスタンダード・ナンバーを生んだ、ガーシュウィンの傑作オペラ"Porgy and Bess"のストーリーついて見ていきましょう。
今でこそ「米国が産んだ国民的オペラ」とか「20世紀最大の音楽遺産」と最大級の賛辞を寄せられていますが、既に見てきたように、初演時は決して高く評価されていた訳ではありませんでした。

オペラ版"Porgy and Bess"のストーリーのご紹介の前に、原作である小説版"Porgy"との違いについて簡単に触れておきます。
タイトルに象徴されているように、小説版ではベスの存在は相対的に低く、キャラクターとしても類型的です。また、オペラ版では狂言廻しともトリックスターとも言うべき、飛び切り印象的な小悪党として存在感を見せるスポーティン・ライフに至っては小説版では殆どチョイ役に過ぎません。
しかし、一番違うのは結末です。
小説版では、ポーギィが全てを失い悲劇的な終わりを迎えますが、オペラ版では、ポーギィはベスを求めNYへと旅立ちます。絶望的な状況の中、一筋の「希望」の光明が認められます。

ご注意:本文末尾に2個のテキスト広告が表示されることがありますが、これはブログの運営会社エキサイトが行っているものであり、当ブログは全く関与しておりません。

More    ここをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2010-08-22 14:03 | SONG | Comments(0)

Summertime    Part 2

- 1935年 George Gershwin + DuBose Heyward -
c0163399_22522850.jpg

Part1 から続く
Part2では、カヴァー曲のご紹介を中心にお話しします。
(冒頭の画像はオムニバス盤「サマータイム」(ユニバーサル 05年) エラ、サラ、カーメンからナラ・レオン、カエターノ・ヴォローゾまで。)

今日ではガーシュウィンの作品の中でも代表作と目され、最も有名で人気も高く、スタンダード・ナンバーとして不動の地位を占めるに至っていますが、Part1でも触れましたが、発表当初はオペラ自体もこの曲も、必ずしも世間は万雷の拍手で迎えた訳ではありませんでした。
特に、アフリカ系アメリカ人は、デューク・エリントンを始め批判的姿勢を見せていました。
まがいもの、借り物のニグロ音楽、古臭い音楽形式…と言う訳です。

ご注意:本文末尾に2個のテキスト広告が表示されることがありますが、これはブログの運営会社エキサイトが行っているものであり、当ブログは全く関与しておりません。

More    ここをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2010-07-11 00:00 | SONG | Comments(0)

Summertime    Part 1

- 1935年 George Gershwin + DuBose Heyward -
c0163399_22345067.jpg
1935年9月30日 ボストンのコロニアル劇場で試験興行(トライアウト/プレヴュウ)され、10月10日よりNY、ブロウドウェイ、アルヴィン劇場(現:ニール・サイモン劇場)でギャラ・オープンしたガーシュウィンのオペラ"Porgy and Bess"の挿入歌。

今日ではガーシュウィンの作品の中でも代表作と目され、最も有名で人気も高く、スタンダード・ナンバーとして不動の地位を占めるに至っていますが、発表当初はオペラ自体もこの曲も、必ずしも世間は万雷の拍手で迎えた訳ではありませんでした。


c0163399_22352648.jpg
右画像はオペラ"Porgy and Bess"を創り上げた3人。
左から順にジョージ・ガーシュウイン(作曲)、デュボウス・ヘイワード(原作、脚本、作詞)、アイラ・ガーシュウィン(作詞、ジョージの兄)
原作はヘイワードのベスト・セラー小説"Porgy"(Doubleday & Company Inc, 1925年)。
また、デュボウスと妻のドローシーの脚本で、1927年10月10日からギルド劇場(現オーガスト・ウィルソン劇場)で3幕の演劇として上演されています。
オペラ化を提案したのは、ジョージ・ガーシュウィンでした。
上記3人はヘイワード夫妻の脚本をベースに共同で新しく曲を書き下し、新たなオペラを造り上げます。

以下に、"Porgy and Bess"及びこの曲の誕生の経緯を見ていきましょう。

ご注意:本文末尾に2個のテキスト広告が表示されることがありますが、これはブログの運営会社エキサイトが行っているものであり、当ブログは全く関与しておりません。

More    ここをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-06-03 21:02 | SONG | Comments(0)

Tea For Two    「二人でお茶を」

-1924年 Irving Caesar + Vincent Youmans -
c0163399_0302734.jpg
人気の高いスタンダード曲。
ミュージカル"No ,No ,Nanette"の挿入歌。

但し、このミュージカルのオリジナルが、1924年4月23日デトロイトで初演された時には、まだ、この曲は含まれていなかったようです。各地での反応を見ながらプロデューサーやスタッフ達は少しづつこのミュージカルを補強していったのでしょう。
この曲が初めて登場したのは5月7日のシカゴ公演の時のようです。
1925年3月11日、ロンドンのPalace Theatreで上演開始。(上演回数665)
そして、遂にブロウドウェイで9月16日から上演されました。(上演回数321)

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2009-01-11 01:24 | SONG | Comments(0)

Home , Sweet Home    Part 1   「埴生の宿」

- 1823年 John Howard Payne + Sir Henry Rowley Bishop 
                                       /1889年 里見 義 -
c0163399_19162496.jpg

1823年初演のオペレッタ"Clari , or the Maid of Milan"「クラーリ、またはミラノの乙女」の挿入歌。

作詞はジョン・ハワード・ペイン(1791 - 1852 60歳 米:俳優、脚本家、作家、外交官)
作曲はヘンリー・ビショップ(1786 - 1855 68歳 英:作曲家、指揮者、教授)

以後2世紀に亘り、欧米そして日本で広く愛唱されてきました。
時折、「イングランド民謡」と言う表記を見かけますが、作者は特定されており、民謡と言う表現は当たりません。また作曲者のビショップがこの曲の着想を得たのはイタリア(シチリア)民謡からと言われています。
後述するように、賛美歌として採用されたこともありました。


冒頭の画像は米国ロング・アイランドにあるイースト・ハンプトンにある"Home Sweet Home Museum"
この曲の作詞者、ペインの故事に因むものですが(詳細は後記)、この建築物は残念ながらペインの生家や祖父の住居ではありません。しかし、当時の雰囲気を伝えてはくれます。
同ミュージアムのHP → Home Sweet Home Museum

More   こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-11-24 19:33 | SONG | Comments(0)

My Funny Valentine

- 37年 Lorenz Hart + Richard Rodgers -
c0163399_20245899.jpg
スタンダード・ナンバーとして人気のある曲です。また、ヴァレンタイン・ディのテーマ・ソングとして扱われることも少なくありません。
確かに歌詞にも「そのままでいて、そうすれば毎日がヴァレンタイン・ディ」と言う一節があり、全く見当違いとは言えませんが、もともとはミュージカルの挿入歌で、ヴァレンタインと言う男の子!に対して女の子が歌い掛ける曲でした。しかも発表当時は大きな注目を浴びることもありませんでした。
では、そんな曲がいかにしてスタンダードになっていったのでしょうか。

More    こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-11-07 23:13 | SONG | Comments(0)

These Foolish Things (Remind Me Of You) 「思い出のたね」

- 1935年 Holt Marvell + Harry Link + Jack Strachey -
c0163399_023472.jpg

ジャズはアメリカで生まれた音楽・芸術ですので、スタンダード・ナンバーと言うと、どうしてもアメリカ産が殆どになりますが、(ビートルズ等の60年代以降のブリティッシュ・インヴェイジョン以降の新しい潮流を別にすれば)これは数少ない英国産のスタンダード・ナンバーです。

ロンドンで上演されたレヴュウ(ミュージカル・コメディ)"Spread It Abroad"(注1)の挿入歌です。この曲は大西洋を挟んでヒットしました。(注2)

作詞はHolt Marvellのペンネームを持つ、Albert Eric Maschwitz 、作曲はJack Stranchey 。
Harry Linkの名前もクレジットされていますが、本作への具体的貢献はよく分かっていません。

今回は、この作品誕生の背景として伝わる、あるエピソードを中心にみていきましょう。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-09-04 19:49 | SONG | Comments(0)