Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


タグ:LATIN/BOSSA ( 5 ) タグの人気記事

Quiet Nights Of Quiet Stars / Corcovado  「静かな夜」

- 1960年 Antonio Carlos Jobim + 62年 Gene Lees -
c0163399_2320643.jpg

冒頭画像はリオ・デジャネイロ市街を見下ろす標高710mの岩山に聳え立つキリスト像(Cristo Redentor/Christ the Redeemer)。
1931年、ブラジル独立100周年を記念して建てられた高さ30m(+台座8m)のその像は平和を象徴し、両手を大きく広げています。その幅28m。
この岩山こそがCorcovado コルコヴァードです。
因みに、Corcovadoとは、ポルトガル語で、隆起とか湾曲あるいは「せむし」と言う意味です。

生粋のカリオカ(リオっ子)である、トム・ジョビンは当時ナシメント・シルヴァ街107番地のエレヴェータのない、寝室と居間が2つづつあるアパートに住んでいました。
"Chega de Saudade"「想いあふれて」の成功で多少金回りが良くなった彼は大家に勧められてローンでそこを買うことにしました。
そこから見えるコルコヴァードの丘は彼のお気に入りでした。
「トムはキリスト像が夕暮れ時のライトアップされ、広げた両腕が、まるでリオの町全部を祝福してみえる景色をピアノの椅子から眺めるのを楽しみにしていた」
と妹のエレーナが書いています。

やがて、こんな歌詞が生まれました。
「 もの思いに耽り、夢を見るひととき。
 窓の向こうにはコルコヴァードの丘と救世主の像が見えるね。
 なんと美しい!」
c0163399_2362360.jpg

(冒頭写真はリオデジャネイロ市公式サイトより。キリストの後ろ姿とリオの街が俯瞰できるアングルは珍しい。撮影:Perdro Kirilos 
上記写真はライトアップされたキリスト像とコルコヴァードの丘を見上げたもの。
撮影:Bryan Parsley 同氏のHPより)

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2010-10-15 21:44 | SONG | Comments(0)

Crossing Paths / Caminhos Cruzados    十字路

 - 1958年 Antônio Carlos Jobim + Newton Mendonça -
c0163399_2281591.jpg


ボサノヴァの黎明期、トム・ジョビンとニュウトン・メンドンサによって書かれた「サンバ・カンサォン」(注1)です。

同じ年に生まれた二人は幼馴染でした。
そして、1台のピアノを挟んで、共にメロディを出し合い、詞を考える作業を通じて、相互に触発し合いながら、曲作りに励んでいました。
後にトム・ジョビンとコンビを組むブラジルが生んだ偉大な詩人ヴィニシウス・ヂ・モライスは嫉妬深く、トムが他の人間と共作することを好まなかったと言われていますが、ニュウトンだけは別扱いだったようです。

この二人によって、ボサノヴァ初期の名作が生み出されました。

・Desafinado
・One Note Samba (Samba de Uma Nota Só )
・Meditation (Meditação )

特に最初の2曲は、米国でボサノヴァ・ブームが起こった62~63年に吹き込まれたジャズ界のビッグ・ネームの殆どが必ずと言って良い程採り上げています。(注2)

この曲は、上記3曲より早い時期に作られたものですが、曲の解説に入る前に、作者について、触れねばなりません。

トム・ジョビンとニュウトン・メンドンサ---
幼馴染の二人の運命は、その後、大きく分かれていきます。
トム・ジョビンは米国等にまで拠点を伸ばし、20世紀を代表する作曲家とまで評される存在となります。対照的に、ニュウトンはボサノバが米国を席捲する直前、33歳の若さでこの世を去り、殆ど忘れ去られようとしていました。
僅かに、上記の曲と共に、一部のボサノヴァ・ファンから「偉大なジョビンのパートナーだった作詞家」と記憶されるに留まっていました。
ボサノヴァ誕生の渦中にいたにも拘らず、友人等も多くはなく、その生涯について語られることは殆どない状況でした。

このブログでも度々言及しているルイ・カストロの著『ボサノヴァ』の中には、こう書かれています。
「ボサノヴァ最大の謎は、ニュウトン・メンドンサだと言われた」

ところで、最近になり、ニュウトン再評価の機運が起こってきました。
ボサノヴァの生みの親の一人とも言うべきニュウトンに対するこれまでの不当に低い評価を今こそ見直す時が来たのではないかと思っています。

ここでは、以下、メンドンサの生涯とこの歌の辿った経緯をみていきたいと思います。

More    ここをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2009-05-29 20:00 | SONG | Comments(0)

No More Blues /Chega De Saudade 「想いあふれて」

- 1958年 Vinicius de Moraes + Antonio Carlos Jobim /
    63年 Jon Hendrics + Jessie Cavanaugh -
c0163399_005589.jpg

アントニオ・カルロス・ジョビン(作曲)=ヴィニシウス・ジ・モライス(詞)による作品。最初のボサノヴァ作品と目されている。後にジョン・ヘンドリックス等による英語歌詞が付けられ、ジャズのスタンダードにもなる。
本ブログの"The Girl from Ipanema / Garota de Ipanema 「イパネマの娘」"の記事(今回、若干追加修正しました)もご参照ください。

今回はボサノヴァ誕生を告げたこの曲について、曲の誕生と録音された経緯、ボサノヴァ自身が発展・成長していく状況、特に米国での受け容れられ方、そして、この曲の代表的なカヴァーをご紹介します。

本文中に登場する主要人物の"WHO'S WHO"と併せてお楽しみください。

More  ここをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2009-02-07 19:51 | SONG | Comments(0)

The Girl From Ipanema / Garota de Ipanema          「イパネマの娘」 Part 2

- 1962年 Vinicius de Moraes + Antonio Carlos Jobin  /Norman Gimbel -
c0163399_17401584.jpg

3. カヴァー  Covers

1990年のBMIの調査によれば、この曲は300万回以上演奏され、歴代5位。彼の他の6曲も100万回以上演奏されたとか。彼の上を行くのはビートルズだけでした。
ジョビンはこの件について、好んでこうコメントしました。
「彼等は4人で、しかも英語で歌うんだよ」(注)

と、言う訳で、この曲のカヴァー紹介はとてつもない作業です。

で、今回は安易に企画ものアルバムに逃げることにしました。
日本編集版の「イパネマの娘100%」(BMG 04年)を。
小野リサ、渡辺貞夫、日野皓正、ガル・コスタ、ケニーG、アーサー・フィドラー、ジェイムズ・ゴールウェイと各分野から…
おそらく、世界中でもっともボサが好まれている国は日本でしょう。
この原因として色々な要素を挙げることが出来ますが、その一因として、渡辺貞夫と小野リサの活動を外すことは出来ないでしょう。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-12-09 23:39 | SONG | Comments(0)

The Girl From Ipanema / Garota de Ipanema          「イパネマの娘」 Part 1

- 1962年 Vinicius de Moraes + Antonio Carlos Jobin    /Norman Gimbel -
c0163399_19195596.jpg

ボサノヴァの名曲。 (上の画像は67年公開の同名映画のサントラ盤のジャケット)

1.誕生   The song was born
ブラジル、リオ・デジャネイロ。
その南部に位置するイパネマ。
そのほぼ中央部にその店はありました。
リオで一番うまいショッピ(生ビール)を飲ませるバール(軽食店)"Veloso(ヴェローゾ)"。
その日も昼間から常連の二人の男が仲間達と共に生ビールをあおっていました。
一人はヴィニシアス・ヂ・モライス、詩人にしてブラジル政府の外交官。(1913 - 1980 WHO'S WHO 参照 )
もう一人はトム・ジョビンことアントニオ・カルロス・ジョビン。(1927- 1994 作曲家、ピアニスト WHO'S WHO 参照)
モライスが詞を書き、ジョビンがメロディを生み出し、二人のコンビは50年後半からリオで興ったボサノヴァ・ムーヴメントを牽引してきました。

悪戯好きの「創造の神様」はこの時、一人のミューズを二人の前に遣わします。

More    ここをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-06-17 20:01 | SONG | Comments(0)