Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
画像一覧


タグ:CHANSON ( 4 ) タグの人気記事

Autumn Leaves/Les feuilles mortes  「枯葉」  Part3

- 1945年 Jacques Prevert + 46年 Joseph Kosma / 52年 中原淳一他 -
c0163399_1636677.jpg

(冒頭画像は tama さん撮影:フリーフォトライブラリー提供)

「枯葉」 この時期になると、自然に口ずさんでしまう歌…
「枯葉」 しかし、この言葉から連想されるものの中に、人類が自ら生み出し、それに向き合わざるを得なくなったものが含まれるようになったのは50年前、そして今年。

一つは「枯葉作戦/枯葉剤」
あのベトナム戦争で使われました。
1961年11月、米国は63年にベトナムへの本格介入・参戦する前から、この作戦を実行していました。
ゲリラが潜むジャングル自体を枯れさせ、農村の経済基盤を破壊する狙いも兼ねて、米軍はダイオキシンを含む枯葉剤を森林、田畑、農村に散布。その散布面積は170万ヘクタール。南ベトナムのジャングルの20%、マングローブ森の36%に及びました。これは、四国全体の面積にほぼ匹敵。散布された量は7200万リットルとも7500万リットルと言われています。
今日でも何らかの症状があるベトナム人は300万人に及ぶとも。
そして障害は米軍他の帰還兵自身やその子供にも及んでいました。
今年、ドキュメンタリー映画「沈黙の春を生きて」(監督:坂田雅子)が、日本の各地で公開され、枯葉剤散布の影響の大きさを伝えています。
カメラは帰還兵の娘として障害を持って生まれた女性(彼女は結婚し子供も産みました)が、ベトナムの病院を訪れ、現地の被害者と会話を交わす姿を追います。

2010年10月、遂に、クリントン米国務長官が「我々が共有する痛ましい過去の遺産」と、ベトナムでの枯葉剤の除去への協力を約束。 今年ようやく始まった汚染除去作業は今後20年はかかるとも言われています。

そして、もう一つは、今年。
枯葉やその周辺から異常な放射線の量が日本各地で計測されました。

ある米国人の友人は「枯葉」「落ち葉」を見て「美しいと思う。掃き捨てるなんて理解出来ない」と言っていました。
彼の発言が米国人の感覚を代表するものかどうかは分かりませんが、我々日本人は昔から「枯れ落ち葉」の掃除自体はせっせとやっていましたね。
思い起こせば、消防法と条例の関係で今では殆ど都会では出来なくなった「落ち葉焚き」も風情ある、この時期の風物詩でした。「たきび」の歌なんか歌いながら。

しかし今や、私達は、落ち葉に触ることに自体に神経を使わねばならなくなってしまいました…

いつもとは、前置きが長く且つ少し異なったものになってしまいました。
曲に戻りましょう。Part1はこの歌の概説、Part2はマイルス門下のカヴァー特集、そしてPart3では、日本語歌詞を中心に見ていきましょう。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2011-11-14 00:08 | SONG

Autumn Leaves/Les feuilles mortes  「枯葉」  Part2

- 1945年 Jacques Prevert + 46年 Joseph Kosma / 49年 Johnny Mercer -
c0163399_0242362.jpg

秋の定番と言えば、この曲。
この曲については、まだ、このブログが独立する前の段階、すなわち、有美さんのHPの片隅を借りて、曲紹介を書いていた08年の前半に、いち早く採り上げました。
(ブログの下段の日付は原則として07年12月以降の各曲の有美さんの初演日であり、記載した日とは限りません)
当時は、曲紹介の内容もわりと平板で短めでした(実は、その方が読み易くて良いと言う意見も、根強いのですが…)が、今回、それに若干手を加え、Part1としました。
確認されたい方はクリック→Part1

なお、日本語歌詞については、こちらをクリック→Part3

そしてこのPart2では、もう少しカヴァー曲を追加してご紹介したいと思います。

なお、冒頭の画像はユニバーサル系列の音源を集めた編集盤「枯葉 Autumn Leaves」(ユニバーサル 04年)
Part1で概説した演奏の一部や"What's New?"で紹介したビル・エヴァンスとジェレミー・スタイグの競演や色々珍演奏まで収録されています。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2010-10-18 00:31 | SONG

La Vie en rose  「ばら色の人生」

- 1945年 Edith Piaf + Louis Gugliemi ? -
c0163399_22524983.jpg

エディット・ピアフ(1915年12月19日-1963年10月11日)はフランスの国民的歌手。
この曲は彼女の代表作であり、且つシャンソンの枠を超えた世界的スタンダード・ナンバーとして知られています。
上の画像は“The Voice of the Sparrow: The Very Best of Edith Piaf”(Capitol  91年)のジャケット写真

彼女の生涯については是非触れておきたいところですが、本人による自伝(注)、近親者の回想録や数多くの伝記があるのですが、生まれた場所からして様々な説があり、真相が不明な点が多々あります。
(注) 興味のある方は下記をクリックください。
「わが愛の賛歌」 エディット・ピアフ 晶文社

わずか47年のその人生は波乱に満ちたもので、とてもこのスペースで語りつくすことは出来ません。
いずれにせよ、幼くして人生の辛酸を経験し、所謂パリのストリート・チルドレンとして育っていった彼女の歌声は声量豊かで且つ「魂の叫び」と呼ばれる肺腑をえぐるような、一度聴いたら忘れられない響きがありました。
興行師ルイ・ルプレはそんな彼女の才能を見出し、142cmの小柄なエディット・ジョヴァンナ・ガシヨンにLa Mome Piaf(小さな雀)と言う愛称を与えます。
天性の才能に加え、後に自ら志願してレイモン・アッソーの特訓を受け、基礎からやり直して、唯一無二の表現力を身につけた彼女は、自力でスターダムに駆け上がっていきます。

ピアフの死が公表された時(上の死亡年月日。本当は前日に亡くなっていたそうです)、彼女の死を嘆き悲しむ無数の人々が路上に現れ、パリの商店は弔意を表して休業し、ペール・ラシェーズ墓地には4万人以上のファンが訪れ(6万と言う説もある)、パリの交通が完全にストップしたと言われています。

c0163399_23143758.jpg
2007年公開された彼女の伝記映画 "La Mome"(勿論ルプレの命名からとったものです。小娘、チビとでも訳しましょうか。邦題「愛の讃歌」。因みに米国でのタイトルは"La Vie En Rose" この辺りはお国事情が出ていて面白いですね)は地元フランスでは10人に1人が見たそうです。真偽の程はさておき、死後40年経ってもなお彼女の人気はフランスでは高いようですね。(この映画でピアフを演じた主演女優のマリオン・コティヤールは2008年度アカデミー主演女優賞に輝きました)

以下、この歌に関する彼女をめぐるエピソード中心に記します。

ピアフは数多くの男性との出会いと別れを繰り返しますが、それらは同時に生涯のレパートリーとも言うべき数々の運命的な曲との巡り合いでもありました。
例えばー
マルセル・セルダン(*) "Hymne a l'amour 「愛の賛歌」"  49年
ジョルジュ・ムスタキ   "Milord 「ミロール」"  59年

そして、この曲はイヴ・モンタンへの想いから生まれたと言われています。

モンタンについては、このブログの"Autumn Leaves「枯葉」"で簡単に触れていますので、関心のある方はこのタイトルをクリックしてご参照ください。
先の自伝(注)では、ピアフはモンタンの為にわざわざ1章を割いて、その特訓ぶりと評価を綴っています。以下その内容を少しだけ…
既にスターとなっていたピアフはイタリア移民の子、モンタンの才能を発見し、ジャズ・ポップス系のアメリカナイズされた彼の「改造」にとりかかります。
カウボーイスタイルをやめさせ、口に鉛筆を喰わえさせて訛りを直し、一から歌を訓練し直し、一緒のステージに立ち、彼を人気スターに育てます。丁度ルプレがピアフの才能を見出し、アッソーが特訓により彼女の才能を開花させたように。
師弟にして愛人と言う関係が数年続きますが、モンタンが「枯葉」で人気歌手になり、二人の関係は終わります。

なお、ピアフはスターになってからの尊大な態度がとかく喧伝されていますが、(恋愛関係の有無を問わず)シャルル・アズナーブル、ジルベル・ベコー、ムスタキ始め多くの才能をその後も育て続けたのも事実です。

このブログの主たるミッションは曲の紹介ですから、ここで改めてピアフのオリジナル歌詞を確認・紹介しなければなりません。しかし、私のフランス語能力はお話しにならないレベルですから、インターネット等で複数の英語の逐語訳を探し、あるいは翻訳ソフトを使ったりして、それらを原詞と比べながらピアフのオリジナルの私なりの解釈を試みました。
その一部を掲載します。
大要次のような歌詞で始まります。
(シャンソン、フランス語に詳しい方、おかしいところがあったらご指導ください)

♫♫
私にそそがれるまなざし
唇で隠れて見えない微笑み
それが私の愛した人の偽りのない肖像

彼は私を抱きしめ優しく語りかける
私には人生はばら色にみえる
♫♫

以下愛される喜びが綴られていきます。
例えば、ちょっとドキっとさせられる、次のようなフレーズもあります。

♫♫
果てることのない愛の夜、夜、夜
大きな喜びが打ち寄せる。
悲しみも悩みも消えてしまうわ
幸せな幸せな愛の終わり…
♫♫

(なお、仏語歌詞全文はこちら)
日本語の「薔薇色」と言う言葉には「薔薇色の未来」と言うように独特の前向きで華々しいニュアンスがありますが、多分、ピアフが使っているこの単語(rose)は、文脈から判断すると、先ほどの「人生はばら色にみえる」と言う箇所についても、「人生ピンク色ね」位のニュアンスに近いのではないかと思います。皆さんのご意見をうけたまわりたいところです。

この歌が生まれようとしていたとき、まだフランスはドイツの占領下にありました。
ピアフに多くの曲を提供したマルガリータ・モノーは、ピアフが書いたこの歌詞を見て「くだらない」として曲をつけることを拒否したと言うエピソードが伝わっています。この為、ピアフはこの曲を一人で完成させねばなりませんでした。
現在、作曲家としてクレジットされているのはルイ・グリェーミュ、(1916年4月3日~1991年4月4日 バルセロナ生まれ 通称Louiguy「ルイギ」)。
しかし、ピアフ自身は、自分が作曲したと言っています。当時ピアフはフランスの音楽家作曲組合に(試験の合格前だったので)登録していなかった為、ルイギの名を使ったと。先のエピソードも、ピアフは先に曲をあらかた作っており、後でつけた歌詞をモノーに示したところ、酷評されたと言うことになっています。
是非ルイギの主張も聞きたいところですが、最早手遅れですね。
結局、ピアフはこの曲を友人のマリアンヌ・ミシェルに提供するのですが、ミシェルの歌がヒットしたので、ピアフ自身も録音してリリース(47年)することとなります。
c0163399_231417.jpg
ルイ・アームストロングなどが歌っている英語歌詞はMack Davidによるもの。
(マックは何度もこの歌を別のタイトルで訳しますが、ヒットしませんでした。ようやく原タイトルに戻したものをサッチモが見出して録音し、50年に世界的なヒットを記録しました。なお、英語歌詞全文はこちら)
後にピアフ自身も(最大のマーケットたる米国市場を意識してーー彼女は度々渡米しています)英語版を録音しています。
内容的にもニュアンスが少し違うーー私に言わせれば英語版はおとなしいと言うか、原詞が強烈と言うかーーので、この手の訳詞は原詞とは別の作品と考えて接する方が良さそうです。
(丁度、同じピアフの名曲「愛の賛歌」に岩谷時子さんが付けた歌詞のように。これはこれでとても素敵な歌詞ですね。因みに日本語の歌詞は他に中原淳一、薩摩忠のもの等があります)
この他にも様々な各国語の訳詞が作られ歌われています。
有美さんも自分なりの歌詞を書く為に、あらためてフランス語の歌詞の単語を一つ一つ辞書を引きながら意味を確かめたそうです。その上で、自分なりの溢れる思いで出来たものと。
当然、そこには直接的にせよ、間接的にせよ、彼女のこれまでの人生や体験が投影されていることでしょう。
有美さんが歌った歌詞全文を末尾に掲載していますので、ご覧ください。
これが彼女の La Vie en rose です。

その他にも多くのアーティストがこの曲を歌っています。
ピアフとは対照的に脚線美を誇ったドイツの女優、歌手のマレーネ・ディートリッヒもその一人です。ディートリッヒは14歳年下の彼女を可愛がり、親交を続けます。
二人ともナチスに対して徹底的に抵抗したことも共通点ですね。
(ドイツ人の彼女にとって、表面的には祖国に反することになるので、苦悩も深かったようです)

彼女の自叙伝によれば、先のマルセル・セルダン(*)の非業の死をピアフに伝えたのは彼女だったそうです。

(*) 1916 - 1949 旧フランス領アルジェリア出身。ボクシング元ミドル級チャンピオン。奪取されたタイトルのリターンマッチの為、その日NYへ向かっていました。二人は彼を空港まで迎えに行く予定でした。セルダンは当初は船便で行く積もりでしたが、ピアフに「早く逢いたい」と言われ、急遽搭乗した飛行機が墜落し落命します。

映画でも採り上げられ、たとえば、オードリー・ヘプバーン主演の"Sabrina"「麗しのサブリナ」(Paramount 54年)で、(パリ帰りと言う設定の)彼女自身がフランス語で歌っています。

この曲は1998年にグラミー賞「名声の殿堂」入りを果たします。

******************************
La Vie en rose

by Naomi Koyanagi

私を抱いて 強く 強く
時がとまるように
燃える口づけ 甘い吐息
絡まる指先

あなたの中で 溶けていくわ
全てを忘れて
薔薇の花の香りに 酔いて惑う 蝶のように

恋の炎に 身を任せて 揺れていく  

恋は不思議ね 全てを変える
生きる意味さえ 昨日とは違うの

交わす言葉は 花のようね
(ほら)空に舞い上がる

愛しているわ 愛してるのよ
息も止まるほど

あなたの鼓動
あなたの声
あなたの唇
薔薇の花に埋もれて あなただけを感じている

私を抱いて 強く 強く
Oh, LA VIE EN ROSE

******************************************
なお、有美さんは、彼女のHPの「My Poem」にも、この詞(詩)とコメントを掲載していますので、そちらもご参照ください。

アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバムに関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-03-19 13:58 | SONG

Autumn Leaves/Les feuilles mortes 「枯葉」 Part1

- 1945年 Jacques Prevert + 46年 Joseph Kosma / 49年 Johnny Mercer -
c0163399_2141216.jpg

元々、シャンソンの名曲でしたが、今やジャズのスタンダード・ナンバーでもあります。
45年、Joseph Kosma ヨゼフ・コズマ(1905 - 1969 作曲家、ハンガリー生まれ、後フランスに帰化)がローラン・プティ・バレー団の為の伴奏曲“Rendez-Vous(逢引)”として作曲。

46年、フランス映画「夜の門」(“Les Portes de la Nuit”)の挿入歌として採用され、脚本担当のJacques Prevert ジャック・プレベール(1900 - 1977 フランスの詩人、脚本家)が新たな詞を付け、当時新人歌手だったYves Montand イヴ・モンタンが劇中で歌いました。
ナチから解放された直後のパリで戦争の影を引きづりながら繰り広げられる愛憎劇。「運命」と称する狂言回し役の浮浪者がハーモニカで奏でる「枯葉」も効果的に使われています。当初予定されていたディートリヒとギャバンが脚本の不出来に降板したと言うエピソードが伝えられています。
この映画についての詳細データは、こちら

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:52 | SONG