Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


タグ:BEATLES ( 9 ) タグの人気記事

Instant Karma! (We All Shine On)

- 1970年 John Lennon -

c0163399_164639.png


♫  カルマ(業)はすぐに君に作用する。
  まさに君の脳を一撃さ。
  冷静に考えてみるんだ、
  君は、あっと言う間に死んじゃう存在なんだよ。

  何と言おうとも
  君が考えることも
  恋人の前で笑うことも
  君におこる全てのことは
  君自身によって引き起こされるんだ。

More
[PR]
by Eiji-Yokota | 2016-01-10 18:20 | SONG | Comments(3)

Out There! Japan Tour    2013  ②

c0163399_19305827.jpg


ひどいピンボケ写真で、何が写っているかも、よく分からない画像ですが、11月19日、開演前の東京ドームのポールのステージ風景です。
携帯やスマホはフラッシュをたかない限り解禁だったので、コンサートの前に試しに撮って見ましたが、うまく行きませんでした。これは、その1枚。
因みに、ライヴの最中は、とても、そんな余裕はありません。
ポールの一挙手一投足に釘付けでしたから。

それでも雰囲気はなんとか伝わりませんか?

さて、日本公演の内、ビートルズ時代の楽曲だけ、当時のシングル盤のピクチュア・スリーヴ(PS)中心にご紹介している今回のシリーズの後半です。

当日のSETLISTや全体観 → ここをクリック

前半部分(OUT THERE JAPAN TOUR ①) → ここをクリック


①からの続きですが、生憎、ここからの数曲は日本でも(?!)シングルカットされなかった曲が続きます。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2013-12-29 00:32 | 口上 | Comments(1)

Out There! Japan Tour    2013  ①

c0163399_0192272.jpg

11月19日東京ドームのコンサート、セットリストについては既報の通りです。
→ Out There! Japan Tour  Tokyo , Nov.19 2013

ポールの一連の来日ツアーのレポートはネットに沢山溢れるでしょうから、私は、ここでは、今回のセットリストを元に、CD世代・編集盤でビートルズに接している方々に日本版アナログ・シングルのピクチュア・スリーヴ(PS)に接していただくことで「時代」を感じていただき、曲の背景を簡単にコメントしたいと思っています。
(60年代前半は、英米ではPS自体が珍しく、素っ気なく紙袋に入れて売られていました)
なお、ウィングスやソロ時代の曲は採り上げませんので悪しからず。

ビートルズ自体は母国英国では、原則としてアルバム収録曲をシングルカットしていません。(先行リリースや同時発売てのはありましたけどね)
しかし、米国や日本はやりたい放題で、当時、勝手にシングルカットしていました。
いずれにせよ、その為、全世界のビートルズマニアはコレクションするのが大変になってしまった訳です。
ま、でも、それが楽しみでもあった訳ですが。
特に日本のシングル盤は全部PS仕立てですから、見た目にも楽しく、人気は高かったのです。
但し、「格好良いなあ、」と言うスリーヴは少なく、大半がプロモーション用の画像の使い回しでしたが。

今回もセットリストは日毎に微妙に差換えられており、当初は私が行った19日の分だけコメントする積りでしたが、むしろ19日が特異なもので(やった!)、他の日のものがベーシックだと判明しました。
したがって、多くの人が耳にした曲についてもコメントすることにしました。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2013-11-24 16:56 | 口上 | Comments(0)

Out There! Japan Tour    Tokyo Nov.19 2013  

c0163399_0275376.jpg

2013年11月19日(火) 東京ドーム 19:20~22:00
ポールの日本公演 第5夜、東京第2夜

行ってきました。
11年ぶりの生ポール。
御年71歳とは思えないタフなステージ
メドレーも含め全40曲、休憩もなく、途中で飲み物をとることなしに2時間40分。
殆ど一人で歌い放し。
それもベース(ヘフナーのバイオリン・ベース)を唸らせ、アコースティック・ギター(マーティン/ギブソン)をつま弾き、エレクトリック・ギター(エピフォン・カジノ/レスポール)をかき鳴らし、ピアノ(グランド・ピアノ/マジック・ピアノ=アップライト)を奏で、遂にはウクレレ(ジョージの!)まで弾いてのことです。

やはり、この人は天性のショウマンですね。
「日本で見れる最後の生ポール」なんて、一部で言われていたようですが、なかなかどうして、あと1回くらい行けるんではないの。2年後位なら。
と、思ったステージでした。

声もまだまだ出ていましたし。
日本の「懐メロ」番組で往年の歌手がかつてのオハコを歌うのを聞いて、がっかりさせられたことが多いのですが、ポールにはそれはないのです。

「"Yesterday"なんか歌うもんだから、声の伸びが落ちたことがバレちゃっただじゃないか」なんて暴言を「連れ」が言ってましたが、とんでもない。
あのポール様が、福島の為にアンコールで心を籠めて歌って下さったんだぞ。なんてこと言うんだ、このバチ当たりめが、てなものです。

他のサイトでステージの紹介は思い入れたっぷりにされるでしょうから、私は次回以降、今回の楽曲の内、ビートルズナンバーに焦点を中てて、日本版のピクチャースリーヴと共に「語りたい」と思っています。
今日は謂わばイントロ。

本日のセットリストは下記を参照ください。

前日の東京ドームまでのセットリストとも、また、差換えられていました。
(後で判明したのですが、19日は一番内容的に違っており、"Things We Said Today"が演奏された唯一のステージだったのですね)

"Out There"ツアーでは、日本公演から新アルバム"NEW"から4曲が紹介されました。(下記*マーク)
それはそれで結構なことですが、この為、米国ツアーのリストから差換えられて聴けなくなった曲の中に"Your Mother Should Know"(録音:67年12月8日、2枚組EP"Magical Mystery Tour"収録)があります。

ビートルズの中でも一風変わった曲調を持った不思議な曲です。
ケルト風と言うか、ポールのアイリッシュの血が書かせたのかな、と思っています。
"Out There"ライヴで初めて採り上げられたので楽しみにしていただけに残念です。

そうそう、"Let Me Roll It"の後にメドレー形式でジミ・ヘンドリックスの"Foxy Lady"をやったのは驚きました。
同時代の他人のオリジナルをここまでやったのは初めてでは…
(トラッドや懐かしのオールディーズは除きます)
ポールのジミヘン贔屓は未だに半端ないものだったんですね。
ジミヘンが世界に衝撃を与えた、あのモンタレー・ポップス・フェスティヴァルに出演出来たのも、ポールの推挙によるものですからね。

More    続き(セットリスト)はこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2013-11-20 01:11 | 口上 | Comments(0)

バレンタインとビートルズ / St.Valentines's Day    Part2

c0163399_15241739.jpg

The Muse / Naomi's Choice へ、ようこそ。

いよいよ、Paul McCartney ポール・マッカートニーの新作が全世界でリリースされます。
ポールにしては珍しいスタンダードのカヴァー集ですが、有り勝ちな「売れ線」を意識することなく、実に渋い選曲となっています。
リード・トラックとして"My Valentine"が音楽ダウンロードや一部のPVサイトで公開されています。
これはポールのオリジナル。
Eric Clapton がギターで参加。しっとりとしたバラードに仕上がっています。
アルバムとしては、お勧めはデラックス盤です→ Kisses on the bottom -Deluxe- (Hear Music)

デラックス盤には、ボーナス・トラックが収録されており、その中に、先日紹介した"My One And Only Love"が含まれています。
他に"Baby's Request"も収録。
これって、Wings 最後の曲(1979年のラスト・アルバム「バック・トゥ・ジ・エッグ」のオリジナル盤では最後の曲)ですよね。
色々エピソードのある曲です。

更に、特典として2月14日のスペシャル・ライヴがダウンロード出来るようです。
詳細はポールの公式サイト→ Paul McCartney

そこで、今日は、多少強引ですが、Valentine's Day が間近なこととポールの新曲を結びつけ、ビートルズ・ネタとバレンタイン・ネタをドッキングさせてしまいましょう。

実は既に、このバレンタイ・デー(ヴァレンタインズ・デイ)とビートルズ・ネタについては2年前に一度採り上げて(St.Valentine's Day)おり、今回は、謂わば、その続編=Part2 の位置づけです。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2012-02-05 00:12 | 口上 | Comments(0)

Layla   part 3 「Pattie Boyd」(パティ・ボイド)

c0163399_06162.jpg

「いとしのレイラ」3部作の最後は、この曲を捧げられたパティ・ボイドについて採り上げます。
Part1 「いとしのレイラ」
part2 「ライラとマジュヌーン」

冒頭の画像は彼女の自伝 (「パティ・ボイド自伝 ワンダフル・トゥディ」) の表紙、若き日の彼女のポートレイトです。
たしかに、可愛い。
ジョージ・ハリスンやエリック・クラプトンが彼女に「ぞっこん」になったのも頷けます。
なにせ、ビートルズとクラプトンの代表作・名曲が生まれた直接のきっかけとなり、多くの曲を捧げられたのですから「Rock界のMuse」と呼んでも過言ではないでしょう。
付け加えれば、ジョージとビートルズの関心をマハリシ/TM(超越的瞑想)に向けさせたのも彼女でした。

ビートルズ時代のジョージの曲ではなんと言っても、"Something"
(注:来日インタヴューでジョージはこの曲を「一般的なもの」と答えてはいますが…)
ソロ時代では、"Isn't It A pity ?"(後にエリックがライヴのレパートリーにします)
エリックの作品では、"Layla"と"Wonderful Tonight"
いずれも、指折りの名曲・ヒット曲です。

これらの曲を彼等に書かせたパティとはどんな女性だったのでしょう。

More    こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-05-06 00:00 | 口上 | Comments(0)

St.Valentine's Day

c0163399_22544928.jpg

Naomi's Choice へようこそ

もう直ぐ、ヴァレンタイン・ディですね…

上の画像は、ビートルズが売出中の頃に出演した英国BBCラジオの音源を集めた"ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC"(EMI/Appple 94年)のリリース時にシングル・カットされた"Baby It's You "の米国Capitolのプロモーション盤です。
同シングル盤のリリースが翌年のヴァレンタイン・ディに予定されていた為のものです。

クリスマスは言うまでもなく、ハロウィンでもなんでも、世界中の楽しそうなイベントを見つけると、日本人は一斉に飛びついて、さっさと自分達流の『お祭り』にしてしまいます。
そのオリジナルやそもそもの由来など殆ど気にもかけることなく…
ま、これは、中国、インドの神様やイベントの『良いとこ取り』してきた大和時代以来の日本民族の得意技ですよね。

さて、そのヴァレンタイン・ディについては、ローマ時代の「伝説」の司教 ウァレンティヌスValentinus (? - 269)が、戦士の士気低下防止策として兵士の結婚を禁じたローマ皇帝クラウディウス2世(214 - 270)の命に背いて、結婚式を執り行った為、処刑された故事に因むとの説を始め、諸説があるようです。
因みに、チョコレートを贈る習慣は1868年に英国のキャドバリー社が発売した贈答用チョコに端を発すると言われています。

流石に、最近は減少傾向にあるようですが、義理チョコ(giri-chocolate /obligation chocolate /chocolate out of courtesy )なんぞと言うものが見事に定着したところなど、まことに日本的です。当然、そのお返しのホワイト・ディもまた日本独自のイベントですね。

さて、このブログの使命は世相辞典ではなく、あくまで「音楽」への「拘り」です。
そろそろ、前振りから本題にまいりましょう。
この時期になると、音楽関係で採り上げられることが多い曲は、勿論 "My Funny Valentine"ですね。

この曲については、過去にヴァレンタイ・ディとの関係を含め、紹介しておりますので、よろしければ、上のタイトルをクリックして、お読みください。

一度は捨てられ、忘れさられた筈の曲が次第にスタンダード・ナンバーにのし上がって行く過程を当時は4枚のアルバムを通して紹介しましたが、今回は、新たにスタンダード定着時及びその後の名演を4作追加しましたので、以前お読みになった方も、お時間があれば、どうぞ。

追記
カフェ・マイルスさん(左の「リンク」を参照ください)、コメントありがとうございます。
c0163399_10375560.jpg
ご推薦の"マイ・ファニー・バレンタイン (ヴィーナス 06年)、早速、チェックし、この頁にアップさせていただきました。

基本的に、本編では、「定番」や「歴史的評価が確定しているアルバム」主体に(私の個人的趣味を加味して)、紹介していましたが、これはまさに、「旬なアルバム」ですね。
今やヴェテランとなったEddie Higgins(p)、Scott Hamilton(ts)のコンビの第三作目。
この組合せはしっかり安定していますね。二人とも上手い!安心して聴けます。
「商業路線」と言う批判もあるようですが、言いたい輩には言わせておけば、良いではないですか。
大人がリラックスして、楽しめるジャズ、これですよね。
因みに、このアルバムの1曲目はお馴染みの"You'd Be So Nice To Come Home To"ですが、邦題に注目。
最近は「あなたの家に帰りたい」と言うタイトルが付いているのですね。うん、これなら正しい!大橋巨泉さんの歴史的誤訳も、これで払拭されるかも知れません。
ご紹介、ありがとうございました。


アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバム等に関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-02-04 00:02 | 口上 | Comments(2)

Till There Was You

-1957年 Meredith Willson-
c0163399_17384963.jpg
またしても「えっ!」です。
だって、これもあのバンドのレパートリーでは…

さて、この曲はもともと57年公開のブロウドウェイのヒット・ミュージカル“The Music Man"の挿入歌でした。
このミュージカルはブロードウェイのマジェスティック劇場で12月19日の初演以来1375回上演され、翌年のトニー賞5部門を受賞。62年には映画化され、またミュージカルもリバイバル上演されました。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:50 | SONG | Comments(0)

Here There And Everywhere

-1966年 John Lennon + Paul McCartney-
c0163399_1344674.jpg

「この曲から来たか!」と思いました。
有美さんが、この日(2007年12月14日)のオープニングに選んだのが、ビートルズと言うかポール・マッカートニー卿(!)のこの作品。
まさか、「ビートルズおたく」の私が来ることを意識して?…なんて、自惚れたりして…
と、雑談はこの位にして。
(私が、彼らについて語ると、すぐ長くなるので、今日はごくごく軽く触れるだけに)

c0163399_19524091.jpg


More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:47 | SONG | Comments(0)