Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


東京倶楽部(水道橋店)にて

c0163399_10531620.jpg


"Naomi's Choice"へようこそ。
久しぶりに有美さんから東京でのライブの連絡がありました。

彼女は、これまでもギター奏者との共演を「銀の琴」シリーズとして開催してきました。
田口梯治さんや橋口武史さんと福岡でやってますね。

辻邦博さんとのデュオは初めてだと思いますが、彼は岩崎大介さんと一緒に彼女のライブを何度かバックアップしていますし、彼女のファーストCDにも参加していただいてますので、気心は十分通じている仲ですね。

先のお二人とはまた違ったパフォーマンスが楽しめると思います。
今から楽しみですね。

詳細は上のチラシの画像を参照下さい。

当日のセットリスト等は → こちら

【 参考 】

辻邦博さんのプロフィール:
Kunihiro Tsuji

1955年11月11日大阪市東成区生まれ。
1974年  関西大学入学。学生仲間とバンドを結成し、ディスコやクラブで演奏を始める。
1981年 ヤマハLight Music Contestにおいてグランプリ受賞。L.A.にてデビューアルバム録音。
翌年ポニーキャニオンより発売される。
the Early Byrds [ Morning Reflection ]中西裕史.木村恭子.カルロス菅野.輪島力.福栄宏之.辻邦博.
1985年  さらなる音楽的刺激を求めて上京。ライブハウスでのセッションやスタジオ音楽制作の機会に恵まれ、経験値を高める。
1998年 自ら音楽制作の拠点としてレーベルLanding on Musicを立ち上げる。

【作編曲家として】
*1994年・・六甲アイランド内遊園地において、関口和之氏の紹介で鬼才佐藤和宏氏に出会いコンセプトライド「キッチンパニック」の音楽及び映像音楽を担当。これにより作曲家としての幅が格段に広がり人の五感を意識し始め、総合芸術的に音楽を見つめるようになる。

*1996年・・盛岡ケンジワールド内プラネタリウムにおいて宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の映像作品を前出の佐藤氏が制作を担当。USA製Digistar(デジタル投影機)と実写、CGを駆使した先鋭的な映像となった。それに対して立体感のある極彩色の音楽で対抗し 結果的には賢治氏の実弟 宮沢清六氏の承認を得るまでの作品となった。

*1998年・・襟裳岬 風のテーマ館( 風の館 )の音響コンセプト全体を千代田化工建設及びNHKEnterpriseに依頼され担当。入り口の風の回廊というエリアではデジタルエオリアンハープを開発。デジタル風向風速計のデータを基にシンセサイザーをリアルタイムに演奏させるというもので新聞、雑誌などの話題になった。 映像シアターでの音楽はCD化されエントランスで販売され好評を博している。

*2000年・・ゲームソフトEldorado Gate (カプコン)の音楽を担当。 音楽担当者との綿密なイメージのすり合わせによる楽曲は他のRPGとの一線を画した作品となった。オープニングではギター、ヴォーカルを担当。

*これらの他にTV、ラジオのCMや時報。TBSのデジタル放送用の音源制作など多方面にわたって作曲活動をしている。

(以上、Jamming Bar Space、Jazz Spot Dolphy 等の記事を参照させていただきました。有難うございます)

ご注意
本文末尾に2~3個のテキスト広告が表示されることがありますが、これはブログの運営会社エキサイトが行っているものであり、当ブログは全く関与しておりません。
[PR]
# by Eiji-Yokota | 2013-08-25 11:16 | 口上 | Comments(0)

SANTANA Second Night in Tokyo 2013

c0163399_9244938.jpg


行ってきました。サンタナの来日公演。
2013年3月13日 東京千代田区 東京国際フォーラム
そう、この日は追加公演でした。

最近、手元不如意で大枚をはたくのはチト厳しかったのですが、思い切ってカミさんと二人分チケットを購入。
結果は大満足でした。
サンタナを殆ど知らないカミさんもご機嫌でした。

「あの時代」を生き延びた連中は皆元気ですね。
ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ディラン、クラプトン etc …
枯れるなんて、とんでもない。

SETLIST:

QUASAR INTRO
1. TOUSSAINT L’OUVERTURE
2. SACALO
3. EVERYBODY’S EVERYTHING
4. SE A CABO
5. LOVE IS YOU LOVE IS ME
6. BLACK MAGIC WOMAN / GYPSY QUEEN
7. OYE COMO VA
8. SAMBA PA TI
9. CORAZON ESPINADO/ B & D SOLO
10. JINGO
11. INCIDENT AT NESHABUR
12. EVIL WAYS/ A LOVE SUPREME
13. SMOOTH/ DAME TU AMOR

WOODSTOCK CHANT
14. SOUL SACRIFICE/ BRIDEGROOM

More 続きはこちらをクリック
[PR]
# by Eiji-Yokota | 2013-03-23 16:55 | 口上 | Comments(0)

A TIME TO KEEP / Songs in Spring 東京

2013年3月2日(土) 19:00~ 
東京都渋谷区西原3  MUSICASA

小柳有美 vocal 
岩崎大輔 piano 、辻邦博 guitar

*** 1st Set ***

Dear Music
Tea For Two
Day By Day
オルフェの舟
Memories
竹田の子守唄

*** 2nd Set ***

You’d Be So Nice to Come Home to
祈り
正調博多節
My Favorite Things
あなたが大好き

*** encole ***

ありがとうを届けに
Your Future


******

2008年7月以来、約5年振りの東京でのライブ。
オリジナルとお馴染みのスタンダードが、ほぼ半々。
「オルフェの舟」は、去年の6月、自宅で木蓮の花に降りしきる雨を眺めていた有美さんが、神話の世界へと思いを馳せて紡ぎだした作品。
「祈り」は、その1年前、未曾有の被害となった東日本大震災のボランティア活動に参加した経験から生み出されたもの。
いずれも、彼女の独自の詩の世界で、東京では初のお披露目です。
"Tea for Two"にオリジナルな日本語のヴァースを加える等、色々アプローチを多様化させていました。


お知らせ
本文末尾に2~3件の文字広告が掲示されることがありますが、これはブログ運営事業者であるexciteによるもので、当ブログは一切関与しておりません。
[PR]
# by Eiji-Yokota | 2013-03-02 19:00 | SETLIST | Comments(0)

Stardust      PART 2

- 1927年 Hoagy Carmichael + 1929年 Mitchell Parish -
c0163399_12565645.jpg

Part 1 より続く

【 Stardust が辿る長い道のり 】

引続き、この曲が辿った道のりを、その人的背景・交友関係にも触れながら適宜脱線しながら、見ていきましょう。

これまで見てきたように、出来上がったばかりの"Stardust"は、当初の"Barnyard Shuffle"のネーミング通り、ミディア・テンポの軽快なリズムで演奏されていました。
これらのバンドの演奏・アレンジからは、「夏の空を落ちていく星の塵」(dust from stars drifting down through the summer sky)のイメージは全く湧かないのは私だけでしょうか?
しかし、ここに来てようやく、新しい動きが出てきます。

Isham Jones アイシャム・ジョーンズ (1894 – 1956)とVictor Young ヴィクター・ヤング (1899 - 1956)の登場です。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
# by Eiji-Yokota | 2012-11-25 13:57 | SONG | Comments(0)

Stardust      PART 1

- 1927年 Hoagy Carmichael + 1929年 Mitchell Parish -
c0163399_1222644.jpg

いよいよ、スタンダード中のスタンダードの登場です。

曲名の表記については"Star Dust"と区分表記されることもあり、どちらがオリジナルかについても異説がありますが、今日では"Stardust"の表記が圧倒的に多数派です。
(現在のASCAPの登録上は"Stardust" となっており、別名の中に"Star Dust"が入っています)

有名な曲の為、この曲についてのエピソードも多く、また、採り上げたアーティストとその略歴を掲載するだけで、ジャズを主体とする洋楽の歴史が書けそうな位です。

そして、私個人にとっても、音楽バラエティ番組「シャボン玉ホリデー」(日本テレビ 1961/6 - 1972/10 ) のクロージング・テーマとして毎週日曜日夕方にお茶の間に流れてきたこの曲は、まだ幼なかった時期にしっかり刷り込まれた洋楽の一つでありました。
この番組は、当時の渡辺プロダクションの二大スター、ザ・ピーナッツとクレイジー・キャッツがレギュラー出演しており、エンディングではハナ肇とピーナッツのお約束の絡みがある訳ですが、この曲を聴くと、彼女達から肘鉄をくらったハナ肇の顔がどうしてもオーバーラップしてきて困っています…

なお、作曲者のHoagy Carmichael ホーギー・カーマイケル 及び作詞者の Mitchell Parish ミッチェル・パリッシュ の略歴や他の代表作については、それぞれの Who's Who にまとめてありますので、必要に応じて参照下さい。(それぞれの氏名をクリックすればリンクに飛びます)

まずは、この曲の誕生秘話から。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
# by Eiji-Yokota | 2012-10-08 20:21 | SONG | Comments(0)