Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
画像一覧


<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Eric Clapton & Steve Winwood JAPAN 2011  Part1

c0163399_2201187.jpg


行ってきました。

Naomi's Choice へようこそ!

2011年11月19日 横浜アリーナ
クラプトンとウィンウッドの来日公演、ジョイント・ライヴ。
「あの時代」を過ごした世代としては、この二人の顔合わせとなると、やはり、行くしかありません。

11月17日の札幌公演に次ぐ、日本公演2日目のこの日。
日本は全国的に激しい雨風に見舞われました。
新横浜駅から横浜アリーナまでの、その僅かな距離の道のりが険しかったこと…

12月6日武道館公演→ Part2 へ

12月6日武道館公演→ Part3 へ

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2011-11-21 00:16 | 口上

Autumn Leaves/Les feuilles mortes  「枯葉」  Part3

- 1945年 Jacques Prevert + 46年 Joseph Kosma / 52年 中原淳一他 -
c0163399_1636677.jpg

(冒頭画像は tama さん撮影:フリーフォトライブラリー提供)

「枯葉」 この時期になると、自然に口ずさんでしまう歌…
「枯葉」 しかし、この言葉から連想されるものの中に、人類が自ら生み出し、それに向き合わざるを得なくなったものが含まれるようになったのは50年前、そして今年。

一つは「枯葉作戦/枯葉剤」
あのベトナム戦争で使われました。
1961年11月、米国は63年にベトナムへの本格介入・参戦する前から、この作戦を実行していました。
ゲリラが潜むジャングル自体を枯れさせ、農村の経済基盤を破壊する狙いも兼ねて、米軍はダイオキシンを含む枯葉剤を森林、田畑、農村に散布。その散布面積は170万ヘクタール。南ベトナムのジャングルの20%、マングローブ森の36%に及びました。これは、四国全体の面積にほぼ匹敵。散布された量は7200万リットルとも7500万リットルと言われています。
今日でも何らかの症状があるベトナム人は300万人に及ぶとも。
そして障害は米軍他の帰還兵自身やその子供にも及んでいました。
今年、ドキュメンタリー映画「沈黙の春を生きて」(監督:坂田雅子)が、日本の各地で公開され、枯葉剤散布の影響の大きさを伝えています。
カメラは帰還兵の娘として障害を持って生まれた女性(彼女は結婚し子供も産みました)が、ベトナムの病院を訪れ、現地の被害者と会話を交わす姿を追います。

2010年10月、遂に、クリントン米国務長官が「我々が共有する痛ましい過去の遺産」と、ベトナムでの枯葉剤の除去への協力を約束。 今年ようやく始まった汚染除去作業は今後20年はかかるとも言われています。

そして、もう一つは、今年。
枯葉やその周辺から異常な放射線の量が日本各地で計測されました。

ある米国人の友人は「枯葉」「落ち葉」を見て「美しいと思う。掃き捨てるなんて理解出来ない」と言っていました。
彼の発言が米国人の感覚を代表するものかどうかは分かりませんが、我々日本人は昔から「枯れ落ち葉」の掃除自体はせっせとやっていましたね。
思い起こせば、消防法と条例の関係で今では殆ど都会では出来なくなった「落ち葉焚き」も風情ある、この時期の風物詩でした。「たきび」の歌なんか歌いながら。

しかし今や、私達は、落ち葉に触ることに自体に神経を使わねばならなくなってしまいました…

いつもとは、前置きが長く且つ少し異なったものになってしまいました。
曲に戻りましょう。Part1はこの歌の概説、Part2はマイルス門下のカヴァー特集、そしてPart3では、日本語歌詞を中心に見ていきましょう。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2011-11-14 00:08 | SONG