Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
画像一覧


<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

"銀の琴 op.2" Early Autumn Concert

2011年9月7日(木) 19:30~
福岡市東区 箱崎・水族館喫茶室 

小柳有美 vocal 小牧良平 bass 


*** 1st Set ***

Tea For Two
It’s a Sin to Tell a Lie
蘇州夜曲
Summertime
竹田の子守唄 
あなたのいた場所に
Take The "A" Train

*** 2nd Set ***

Amazing Grace
My Favorite Things
G線上のアリア
Day By Day
ちんちん千鳥
正調博多節
It Don’t Mean A Thing

*** encole ***

見あげてごらん夜の星を


******

註)曲目をクリックすれば、その曲の解説頁が開きます。

#######

ここのところ、有美さんは、デュオづいているようです。
以前は、岩崎大輔(p)さん、橋口武史(g)さんともコラボしていました。
今回の小牧良平さんは、森しのぶさんに続いてのベースとのコラボ。
ベースは、バンドの中では、その特徴上、基本的にルート音(和音の元になる音)を奏で、リズム・キープが主たる役割の楽器です。
(したがって、バンドのメンバーは一般的に、ベースを一生懸命聞いて、曲の進行を確認し、ベースに合わせてアドリブを行います。)
派手で華麗なコードワークを披露出来るピアノやギターに比べると、歌伴でベースのみと言うのは、歌う方にとっても結構シンドイことで、また曲の盛り上げの手段も限られてきます。
彼女の「挑戦」ですね。

お馴染みの曲が並ぶ中、「蘇州夜曲」は新顔ですね。う~~ん、そう来たか。
各セットのクロージング(アンコールは除く)をエリントン・ナンバーで揃えています。
"Take The A Train"は、私の知る限り、ライヴ初披露です。
多分、アンコール・ナンバーも。


お知らせ
本文末尾に2~3件の文字広告が掲示されることがありますが、これはブログ運営事業者であるexciteによるもので、当ブログは一切関与しておりません。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2011-09-22 23:18 | SETLIST

赤とんぼ   Part 2

 - 1921年 三木露風 + 1927年 山田耕筰 -
c0163399_1817523.jpg

(冒頭画像は、この作品が生まれたトラピスト修道会とその周辺の自然。
「みなみ北海道」のHP[http://www.minami-hokkaido.jp/]のフォトライブラリーより)


【 三木露風の後半生と赤とんぼ 】
露風は自らの作風を総括して、
「私は、初め叙情をもって詩を作り始め、後、象徴詩にいたり、短唱を作り、更に宗教詩を書くようになった」(三木露風詩集 第1巻「あとがき」 1926年)
と書いています。
日本における象徴詩を完成させ、詩壇の第一人者となった彼は、次第に宗教的なものへと接近します。

Part1 では、一見、不可思議なこの詩(歌詞)の様々な解釈を見てきました。
露風の前半生を見てきた「ふるさとの」の記事に次いで、このPart2 ではトラピスト修道院時代を中心に、彼の後半生を見ていきましょう。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2011-09-05 00:00 | SONG