Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
画像一覧


<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

赤とんぼ   Part1

- 1921年 三木露風 + 1927年 山田耕筰 -
c0163399_23591194.gif

夕焼け、小焼の、
          赤とんぼ、
                負われて見たのは、
                            いつの日か。

山の畑の、
      桑の實を、
            小籠に摘んだは、
                       まぼろしか。

十五で姐やは、
         嫁に行き、
               お里のたよりも、
                         絶えはてた。

夕焼け、小焼の、
           赤とんぼ、
                  とまっているよ、
                            竿の先。


作詞は三木露風、作曲は山田耕筰。
二人、それぞれにとっても童謡の代表作であり、且つ日本で最も愛されている童謡の一つでしょう。

民間非営利団体(NPO)の「日本童謡の会」(事務局東京、伴和夫会長)が2003年公表した「好きな童謡について」のアンケート結果は、「赤とんぼ」がダントツで1位、得票数でも全体の約15%を獲得。
因みに、10代以下から70代以上までの世代別順位でも「赤とんぼ」は1位を独占。
同会では「赤とんぼを選んだ理由には『よく母が歌ってくれたから』という回答が多く、母への思いを重ね合わせているのではないか」と分析。
他 同種のアンケート・選定でも、この曲は常にトップにランクされています。(注1)

三木露風は、当初、「赤蜻蛉」と題したこの詩を、自身が童謡欄を担当していた児童教育雑誌『樫の實』(研秀社)の1921(大正10) 年8月号に発表。
1927(昭和2) 年1月、山田耕筰は、かねてより親交があった三木露風から贈られた童謡集「小鳥の友」の中の詩に曲をつけます。この歌もその一つでした。
この詩の背景、二人の創作の経緯は以下の本文及びPart2で詳しく触れます。

冒頭画像は、露風の直筆原稿を色紙に写したもの。 財団法人 露城館・矢野勘治記念館 所収。同色紙の販売も行っています。
なお、後述しますが、露風はこの詩に推敲を加え、それぞれの詩集や詩碑に記していますが、画像の下に記した詩は、漢字仮名遣い句読点は後記1959年の自筆原稿によりました。
(但し、レイアウト上、各行の頭の位置は流れるように敢えてずらしています)

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-03-08 20:01 | SONG

吟遊の詩人  Minnesinger

2010年3月8日(月)  福岡市中央区 カフェ ルフラン  19:00~

小柳有美 (朗読、歌)

***1st SET***

しんとした
まだ しんとした 冬の終わり
山に 少しの気配あり
春とは まだまだ 言い難くはあれど

####

ふるさと               
  室生犀星

早春賦      
 作詞 吉丸一昌
 作曲 中田 章

春の朝(あした)
  ブラウニング       
 上田敏(訳)

車塵集               
 佐藤春夫撰
   魏の時代の人  孟珠
   唐の人 薛濤(せっとう)

朧月夜
 作詞 高野辰之
 作曲 岡野貞一

####

やがて
やがて
夏になる
白き光のさす様に
眼を覚ます様に
夏が来る

####

夏は来ぬ            
 石田波郷

郭主簿に和す           
 陶淵明

一海知義編註                    
 陶淵明

海               
 作詞 林 柳波                 
 作曲 井上武士

####

秋になると
なぜか 懐かしくなります
ふるさとが懐かしくなります
そして、少し‥
少し 優しくなっていきます‥。

####

秋の歌  「悪の華」     
 ヴォードレール                 
  永井荷風「珊瑚集」より


埴生の宿  
 作詞 里見義                 
 作曲 ヘンリー・ビショップ

蜻蛉
 李箱(いさん)

赤とんぼ 
 作詞 三木露風 
 作曲 山田耕筰

####

私は冬が好き

何もかもを
呑み込む様な
暗く寒い冬が好き

何もかもを
拒絶するような
恐ろしいほどに厳しい冬が好き

「おまえなど‥」
と、横目でちらりと見て
鼻にもかけないような

強くて 容赦のない冬が好き

####

八木重吉の冬の詩から


 文部省唱歌

冬の夜
 文部省唱歌

式子内親王の和歌

藤原清輔の和歌

冬の星座
 作詞 堀内敬三
 作曲 W.S.ヘイズ

朝が来る 春が来る
 COCO

***2nd SET   愛   恋 *** 
 
Amazing Grace
 J.ニュートン 

True Love
 小柳有美

春の貢(みつぎ)
 ダンテ・ゲブリエル・ロッティー 
 上田敏(訳)

即興詩人
 森鴎外

ゴンドラの歌
 作詞 吉井勇
 作曲 中山晋平

水辺月夜の歌
 佐藤春夫

再会   愛隣詩篇より
 萩原朔太郎


同心草
 小柳有美

風に 舞い散る
花びらは

適わぬ約束を 隠すように

まぶたに浮かぶ姿さえ
涙で遠くかすんでいく
せめて(どうか) あの人を消さないでい

重ねる時間(とき)に
降り注ぐ

帰らぬ過ぎし日の 切なさよ

あなたの胸(腕)のぬくもりを
心の中に 閉じ込める  
せめて 私を忘れないでいて

 +++++

太陽
 八木重吉

母をおもう
 八木重吉

Danny Boy
 F.ウエザリ
小柳有美(訳)

ありがとうを届けに
 小柳有美

Your Future
 小柳有美

聖霊頌歌     
 ホアン・デ・ラ・クルス
 芳賀徹(訳)

***encole ***

You Raise Me Up
 作詞 B.グラハム
 作曲 R.ロヴランド
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-03-08 19:44 | SETLIST

MITCHELL PARISH ミッチェル・パリッシュ

c0163399_21283530.jpg

1900年7月10日~1993年3月31日 92歳
本名:Michael Hyman Pashelinsky
出生:リトアニア
逝去:米、NY、マンハッタン、NY Hospital / 死因: 脳卒中、癌
ユダヤ系移民として米国へ。作詞家として大成。
"Stardust""Moonlight Serenade""Sophisticated Lady"等不朽のスタンダードナンバーに歌詞を付けた。
彼は特定の作曲家とティームを組むことは殆んどなく、専らプロの作詞家として、依頼を受けて、曲に詞を付けることが多かった。
カンツォーネで唯一全米No.1となった"Volare"(原題"Nel blu dipinto di blu")の英語歌詞も彼の手によるもの。クラシック分野にも進出。


【 略歴 】

1901年2月3日 生後7か月の時、一家は米国に渡り、当初はルイジアナ州シュリーヴポートShreveport に居住。後、NYへ移住。
医者を志し、コロンビア大学へ進学。
1919年 音楽出版社へ就職。
アルバイトで書いた楽曲をある医者が出版社に見せたことがきっかけと言われている。
アーヴィングとジャックのミルズ兄弟が最初のボスだった。
週12ドルでヴォードビル・ショウの為のコメディソングの作詞を担当。

1922年 コメディ・ティームのヴァン&シュネック "Carolina Rolling Stone"(Columbia)リリース。
パリッシュの最初のヒットとなった。

1928年 Rudy Vallee "Sweet Lorraine" リリース。
パリッシュにとって初の大ヒットとなる。

1929年 パリッシュ、ホーギー・カーマイケル Hoagy Carmichaelの"Star Dust"に歌詞を付ける。
これを機に同曲は"Stardust"と綴られるようになった。
1930年 Isham Jones が同曲を録音、ヒット。
以後、ビング・クロスビー始め多くのアーティストがカヴァーし、パリッシュは名声を確立。

代表作は下記参照、舞台やショウの楽曲も担当。

作詞の傍ら、パリッシュは法律や外国語を習得。
1935~45年 パリッシュ、ロウワー・マンハッタンの刑事事件裁判所書記官職に従事。

1950~51年 クラシック音楽と大衆音楽のクロスオーヴァーに成功したリロイ・アンダーソン Leroy Anderson (1908 - 1975)の作品に歌詞を付ける。
Sleigh Ride「そりすべり」、Blue Tango他全7曲

1956年 近代音楽の祖、クロード・ドビュシー Claude Debussy(1862 - 1918) の "Clair de Lune 「月の光」"に歌詞をつけ、"Moonlight Love"として発表。

米国の有力著作権団体であるASCAP(American Society of Composers , Authors and Publishers)の作詞家諮問委員会のメンバー、72年にソングライターの名声の殿堂入り、同会(SHOF)理事にも就任、86年度には同会のJohnny Mercer Awardを受賞。


【 代表作 】
c0163399_15494172.jpg

アルファベット順、( )内は作曲者、作曲年次が作詞年次と異なる場合は( )内に付記

・Deep Purple (Peter De Rose 34) 38
・Don't Be That Way (Benny Goodman - Edgar Sampson 34) 38
・The Lamp Is Low (Peter De Rose - Bert Shefter) 39
・Moonlight Serenade (Glenn Miller 35*) 39
* 当初のタイトルは"Now I Lay Me Down To Weep"
・Sleigh Ride (Leroy Anderson 48) 50
・Sophisticated Lady (Duke Ellington) 33
・Stairway to the Stars (Matty Malneck - Frank Signorelli) 39
・Star Dust/Stardust (Hoagy Carmichael 27) 29
・Stars Fell on Alabama (Frank Perkins) 34
・Sweet Lorraine (Cliff Burwell) 28
・Volare (Domenico Modugno) 58

"Songwriters Hall of Fame"のサイトの"Song Catalog"には2百数十曲が表記されている。

上記画像はWillie Nelson"Stardust"(Columbia 78)

【 関連記事 】

Sophisticated Lady (作詞)

Stardust  (作詞)

【 関連サイト 】

所謂公式HPなし。

概要を把握するには下記
Songwriters Hall of Fame Mitchell Parish


【 コメント 】

上記のとおり、洋楽ファンなら誰もが頷く名曲、スタンダード・ナンバーの作詞を手掛けている割には、彼の人気・知名度は今一。
勿論、日本では言葉の壁もあり、やむを得ない面もあると思われますが、今回改めて海外のサイトもチェックしましたが、その傾向は基本的に同じで、例えば、ロレンツ・ハート、ジョニー・マーサーやサミー・カーン等の作詞家と比べても、(内容的には決して遜色ない業績を上げていると思っているのですが)ネットでの採り上げられ方は少ないのです。
かつて彼の一代記的ライヴのVHSビデオ"A Musical Life in Concert:Mitchell Parish"(Drg 94)もリリースされたこともありますが、DVD、ブルーレイ化には至っていません。
伝記、評伝の類も見つからず。
「鶏が先か、卵が先か」の議論にもなるが、特に面白いエピソードや経歴も殆ど伝わってこない地味な存在と言えるでしょう。

しかし、個人的見解ですが、彼の「仕事」は、まさにプロ(職人芸)のそれであり、与えられた曲の持つ雰囲気を活かし、言葉を巧みに連ねて、心象や風景を見事に描き出して、曲に新たな命を吹き込む能力は素晴らしいものがあります。
因みに、彼は1曲に歌詞を付ける時間は1時間から1時間半、あまりこねくり回さないことを信条としているようです。メロディに合うようにとりあえず浮かんだ単語を仮置きしたりもするようですが、時には、そのまま仮歌詞が完成版になることもあるようで、このブログでも採り上げた、"Tea for Two"のエピソードも引用して、あるインタヴューで自分の作詞法を語っています。
いずれにせよ、"Stardust"や"Sophisticated Lady"は共にインストゥルメンタルのみでも、十二分にスタンダードとして成り立つ作品ではありますが、これまでの人気・大衆性を獲得出来たことはパリッシュの功績によるところが大と考えます。


アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバム等に関心のある方は、タイトル名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-03-07 16:31 | WHO'S WHO

INDEX ≪ WHO'S WHO ≫

c0163399_23365411.jpg

"Who's Who"は、このブログで採り上げた曲に関係深い人物(作詞家、作曲家、演奏者等)ついて、別途、略歴、代表作等を紹介するコーナーです。

今後、順次追加予定です。
この頁はこれらの人名の検索用として作成しました。
以下に、現在のリストを姓(ファミリー・ネーム)のアルファベット順に掲示、横にカタカナで一般的な表記を付してあります。
名前をクリックすれば、該当記事の頁が開きます。

      ♫♫ ♫♫ ♫♫ ♫♫      ♫♫ ♫♫ ♫♫ ♫♫ 


Anderson , Ivie         アイヴィ・アンダーソン

Brookmeyer , Bob       ボブ・ブルックマイヤー   revised
Burke , Johhny         ジョニー・バーク

Carmichael , Hoagy      ホーギー・カーマイケル   
Casals , Pablo           パブロ・カザルス

Garner , Erroll          エロル・ガーナー
Gilberto , Joao          ジョアン・ジルベルト

Heyward ,DuBose       デュボウス・ヘイワード    

Jobim , Antonio Carlos     アントニオ・カルロス・ジョビン    

Mills , Irving            アーヴィング・ミルズ
Moraes , Vinicius de     ヴィニシウス・ヂ・モライス      

Parish , Mitchell         ミッチェル・パリッシュ   

Strayhorn , Billy         ビリー・ストレイホーン   New

Washigton , Ned       ネッド・ワシントン      
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-03-07 16:01 | INDEX・WHO'S WHO