Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Home , Sweet Home    Part 1   「埴生の宿」

- 1823年 John Howard Payne + Sir Henry Rowley Bishop 
                                       /1889年 里見 義 -
c0163399_19162496.jpg

1823年初演のオペレッタ"Clari , or the Maid of Milan"「クラーリ、またはミラノの乙女」の挿入歌。

作詞はジョン・ハワード・ペイン(1791 - 1852 60歳 米:俳優、脚本家、作家、外交官)
作曲はヘンリー・ビショップ(1786 - 1855 68歳 英:作曲家、指揮者、教授)

以後2世紀に亘り、欧米そして日本で広く愛唱されてきました。
時折、「イングランド民謡」と言う表記を見かけますが、作者は特定されており、民謡と言う表現は当たりません。また作曲者のビショップがこの曲の着想を得たのはイタリア(シチリア)民謡からと言われています。
後述するように、賛美歌として採用されたこともありました。


冒頭の画像は米国ロング・アイランドにあるイースト・ハンプトンにある"Home Sweet Home Museum"
この曲の作詞者、ペインの故事に因むものですが(詳細は後記)、この建築物は残念ながらペインの生家や祖父の住居ではありません。しかし、当時の雰囲気を伝えてはくれます。
同ミュージアムのHP → Home Sweet Home Museum

More   こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-11-24 19:33 | SONG | Comments(0)

My Funny Valentine

- 37年 Lorenz Hart + Richard Rodgers -
c0163399_20245899.jpg
スタンダード・ナンバーとして人気のある曲です。また、ヴァレンタイン・ディのテーマ・ソングとして扱われることも少なくありません。
確かに歌詞にも「そのままでいて、そうすれば毎日がヴァレンタイン・ディ」と言う一節があり、全く見当違いとは言えませんが、もともとはミュージカルの挿入歌で、ヴァレンタインと言う男の子!に対して女の子が歌い掛ける曲でした。しかも発表当時は大きな注目を浴びることもありませんでした。
では、そんな曲がいかにしてスタンダードになっていったのでしょうか。

More    こちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-11-07 23:13 | SONG | Comments(0)

Nanの木 秋のコンサート in 2008

2008年11月7日(金) 19:00~ 福岡市東区 Nanの木 
小柳有美 vocal
岩崎大輔 piano  辻邦博 guitar

*** 1st Set ***
Day By Day
Tea For Two
あなたのいた場所に
Fly Me To The Moon

*** 2nd Set ***
Here There And Eveywhere
TAKEDA
My Funny Valentine
That's All

*** encore ***
Autumn Leaves
Moon River

(記事=曲解説が掲載されている曲はクリックすれば、リンクされている頁が開きます)

注:
「第10回 Nanの木コンサート」の一環として開催されましたので、他にも「黒いオルフェ」「Moanin'」や岩崎さんのオリジナル等が演奏されていますが、ここではブログの趣旨から小柳有美の歌唱曲のみに限定して記載しました。 演奏いただいた岩崎さん、辻さん、ありがとうございました。そして、割愛してごめんなさい。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-11-07 19:00 | SETLIST | Comments(0)