Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


カテゴリ:SONG( 84 )

Autumn Leaves/Les feuilles mortes 「枯葉」 Part1

- 1945年 Jacques Prevert + 46年 Joseph Kosma / 49年 Johnny Mercer -
c0163399_2141216.jpg

元々、シャンソンの名曲でしたが、今やジャズのスタンダード・ナンバーでもあります。
45年、Joseph Kosma ヨゼフ・コズマ(1905 - 1969 作曲家、ハンガリー生まれ、後フランスに帰化)がローラン・プティ・バレー団の為の伴奏曲“Rendez-Vous(逢引)”として作曲。

46年、フランス映画「夜の門」(“Les Portes de la Nuit”)の挿入歌として採用され、脚本担当のJacques Prevert ジャック・プレベール(1900 - 1977 フランスの詩人、脚本家)が新たな詞を付け、当時新人歌手だったYves Montand イヴ・モンタンが劇中で歌いました。
ナチから解放された直後のパリで戦争の影を引きづりながら繰り広げられる愛憎劇。「運命」と称する狂言回し役の浮浪者がハーモニカで奏でる「枯葉」も効果的に使われています。当初予定されていたディートリヒとギャバンが脚本の不出来に降板したと言うエピソードが伝えられています。
この映画についての詳細データは、こちら

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:52 | SONG | Comments(2)

Till There Was You

-1957年 Meredith Willson-
c0163399_17384963.jpg
またしても「えっ!」です。
だって、これもあのバンドのレパートリーでは…

さて、この曲はもともと57年公開のブロウドウェイのヒット・ミュージカル“The Music Man"の挿入歌でした。
このミュージカルはブロードウェイのマジェスティック劇場で12月19日の初演以来1375回上演され、翌年のトニー賞5部門を受賞。62年には映画化され、またミュージカルもリバイバル上演されました。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:50 | SONG | Comments(0)

Day By Day

- 1945年 Sammy Cahn + Axel Stordahl + Paul Weston -

ジャズのスタンダードと言うか、もう教科書そのものと言っても良いかも知れません。
「日ごと貴方が恋しくなる」と歌うラヴ・ソング。

アクセル・ストーダル(1913年8月8日-1963年8月30日 NY生まれ)とポール・ウェストン(1912年3月12日-1966年9月20日 マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれ)の二人が作曲しているところに居合わせた、売れっ子作詞家サミー・カーン(1913年6月18日-1993年1月15日NY生まれ)が請われて、その場で歌詞を書いたと言うエピソードがあります。
実は3人は同じアパートに住んでおり、前年にもこのトリオで"I Should Care"を作ってヒットさせたので、柳の下の土壌を狙ったようです。2人の奏でるメロディを聞いたカーンが"Day By Day"と言うタイトルを提案すると、彼等も賛成し、1時間ほどで曲を完成させたとカーンは自伝(注)に書いています。
c0163399_10265477.jpg
ウェストンは夫人のジョー・スタッフォード(左 "Starring Jo Stafford" Capitol 53年)に
c0163399_0512657.jpg
ストーダルは友人のフランク・シナトラ(右 "The Essential Frank Sinatra: The Columbia Years" 編集版)に、それぞれ、この曲をプレゼントし、共にヒットしました。

c0163399_23445487.jpg
以後、この曲を数多くのアーティストが取り上げていますが、有美さん好みはやはりDoris Dayでしょうか?
ポール・ウエストン自身のオーケストラがバッキングしている56年録音盤が有名ですが、今は翌年リリースのアルバムとのカップリング"2in1"盤(Day by Day/Day by Night)で楽しめます。
実は、彼女の芸名とこの曲には深い関係があります。ドイツ系移民の彼女の本名はドリス・メリー・アン・フォン・ケッペルホフ。そして、この曲をもとに“Day”の芸名が付けられたそうです。
(但し、彼女自身は、実はこの芸名を気に入っていなかったと、言われています)

c0163399_10343677.jpg



注) I Should Care:The Sammy Cahn Story (Arbor House) 74年

アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバムに関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:49 | SONG | Comments(2)

Here There And Everywhere

-1966年 John Lennon + Paul McCartney-
c0163399_1344674.jpg

「この曲から来たか!」と思いました。
有美さんが、この日(2007年12月14日)のオープニングに選んだのが、ビートルズと言うかポール・マッカートニー卿(!)のこの作品。
まさか、「ビートルズおたく」の私が来ることを意識して?…なんて、自惚れたりして…
と、雑談はこの位にして。
(私が、彼らについて語ると、すぐ長くなるので、今日はごくごく軽く触れるだけに)

c0163399_19524091.jpg


More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:47 | SONG | Comments(0)