Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


カテゴリ:SONG( 84 )

He Was Beautiful / Cavatina   Part2

- 1970年 Stanley Myers + 1976年 Cleo Laine -
c0163399_1171419.jpg

冒頭画像は「 BD/洋画/ディア・ハンター (Blu-ray)/GNXF-1216 」(2011年 ジェネオン)

映画の詳細データ→IMDB

さて、Part1で、この曲生まれた経緯と各関係者の動向を見てきましたが、何といっても、この曲が世界的に有名になった切っ掛けは映画"The Deer Hunter"でした。

ここでは、183分に及ぶこの大作の中で、マイケル・チミノ監督の要請や彼との議論を経て、スタンリー・マイヤーズが(既作の"Cavatina"を含め)どんな音楽を作り出し、それが映画の中で、どう使われたかを、"Cavatina"を中心に粗筋を追う中で見ていきましょう。
(ここから先は、映画の核心部分に言及しますので、まだ映画を見ていない人は、見てから読まれることをお勧めします)

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-05-23 00:00 | SONG | Comments(0)

He Was Beautiful / Cavatina   Part3

- 1970年 Stanley Myers + 1976年 Cleo Laine -
c0163399_23373379.jpg

シンプルで平易なメロディ、可憐で繊細。
時に優しく、時に切なく響き、心に染み入るかのような、その調べ。

Part1では、この曲が作られてから"The Deer Hunter"に使用され、世界的に有名になるまでを見てきました。
それらのシーンに立ち会い、貢献してきたギターのジョン・ウィリアムズ抜きには、この曲は語れませんが、彼もまた、この曲を契機に、大衆的知名度・人気も得て、従来の「クラシック・ギターのプリンス」からポピュラーを含む音楽全般に亘る多彩な活動を広げるミュージシャンへと成長していきます。

一昔前のギター小僧達の目標あるいは動機は、好きな女の子の前で流暢に"Recuerdos De La Alhambra「アルハンブラの思い出」"や" Romance 「禁じられた遊び(愛のロマンス)」"をつま弾いてみせることでした。
彼等のヒーローはセコビアであり、イエペスであり、ブリームでした。
今やそれらに取って代わる存在となったのが、この曲であり、ジョン・ウィリアムズなのかも知れません。

一見シンプルなそのメロディは、誰でも容易に弾けそうな錯覚に陥りがちですが、セーハー(一つの指で複数の弦を押さえる技法、バレーとも言う)も、結構出て来るので、初心者には、実は、なかなかの難物です。


冒頭画像はジョン・ウィリアムズ"Ultimate Guitar Collection" (2005年 Sony)
所謂ベストものですが、上記の曲を含めギターのスタンダードが網羅され、また、彼の広いレパートリーがコンパクトにまとめられており、今やギタリストとして頂点に立つジョン・ウィリアムズやクラシック・ギターの入門編として最適でしょう。しかも比較的廉価です。
なお、ここで収録されている"Cavatina"は96年収録のものです。
オリジナル盤:Plays the Movies (Sony)


Part3では、クレオの書いた"He Was Beauriful"の歌詞、この曲のヒット状況とカヴァー、そして、映画「ディア・ハンター」のヒット以後の関係者達の動向を見ていくことにしましょう。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-04-30 23:59 | SONG | Comments(0)

He Was Beautiful / Cavatina   Part1

- 1970年 Stanley Myers + 1976年 Cleo Laine -
c0163399_23503222.jpg

英国の作曲家Stanley Myers スタンリー・マイヤーズが1970年に"Cavatina"を作曲。
1976年に英国の女性ジャズ・シンガー、Cleo Laineクレオ・レインが"He Was Beautiful"のタイトルで歌詞をつけました。

Cavatinaカヴァティーナとは、音楽用語(イタリア語)で、元来、反復部のない素朴な性格の短い歌曲の意。現在では素朴な旋律を持つ歌謡的声楽曲または器楽曲を指します。
したがって、このタイトルを冠した作品は他にも沢山あります。
しかし、その中でも、映画“The Deer Hunter「ディア・ハンター」”(1978年)の主題歌としてJohn Williamsジョン・ウィリアムズ がギターで演奏し、「ディア・ハンターのテーマ」とも表記される本曲が一番有名でしょう。

ところで、この曲は元々は別の映画の為に書かれたものでした。
以下、この曲が生まれてから上記映画に使用されるまでの各関係者の動きを追ってみましょう。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-03-03 20:00 | SONG | Comments(0)

おてもやん   「熊本甚句」  Part3

- 1890~1900年頃? 永田稲 -
c0163399_13381613.jpg

冒頭画像は、「春日人おてもやん」のサイトの管理人さんから提供いただきました「春日ぼうぶら」の花と葉の写真です。
熊本の観光立県に貢献しようと頑張っておられる「春日大好きおばさん」達の運営する手作り感溢れるサイトを、是非、一度ご覧ください。

これまで「おてもやん」を2回に分けて採り上げてきました。
Part1 :概説
Part2 : 歌詞の詳細な解説

さて、最終回のPart3では、作者 永田稲(イネ)に焦点を中てて、この唄の成立や彼女がこの唄に込めたものを探っていきたいと思います。
その前にまず、予習も兼ねて、是非、熊本県のサイト「くまもとインターネット放送局」をご覧ください。
永田イネの貴重な写真や遺品を記事と動画で見れますよ。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-02-11 18:41 | SONG | Comments(0)

おてもやん   「熊本甚句」  Part2

- 1890~1900年頃? 永田稲 -
c0163399_23262196.jpg

冒頭の画像は毎年8月に熊本市で行われている市主催の「火の国まつり」(公式HPから)
このお祭りのハイライトが「おてもやん総おどり」です。
熊本市がいかに、この唄に肩入れし、観光の目玉にしようとしているか伝わってきますね。
公式サイト」(←ここをクリック)では、「おてもやん」「サンバおてもやん」(編曲:森岡賢一郎)のネット配信、CD貸出から、踊りの振り付けまで紹介しています。

さて、Part1では、「おてもやん」を巡る歴史的動きを中心にざっと見ていきました。

Part2では、この唄の歌詞の詳細を見る中で、各説が唱えている内容をチェックしていきましょう。

More    続きはこちら
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-01-31 23:59 | SONG | Comments(0)

おてもやん   「熊本甚句」  Part1

- 1890~1900年頃 永田稲 -
c0163399_1840698.jpg

民謡、お座敷唄
日本の民謡としては珍しく、極めて明朗快活でユーモアに溢れ、また言葉遊びも随所に散りばめられ、何と言ってもコミカルでリズミカルです。一種の「戯れ唄(ざれうた)」には違いないのですが、そのユニークさは、凡百の「戯れ唄」の中でも一際抜きんでています。
対極的な内容や調べを持つ「五木の子守唄」と共に熊本民謡の代表格として、全国的な知名度・人気を誇っています。

もともと幕末から明治の花柳界で軽快な「戯れ唄」が流行ります。
「ソオジャオマヘンカ節」あるいは「本調子甚句」(注1)が、それです。
これらに触発され、全国で同時多発的にそれぞれのお国言葉に乗せたものが歌われ、独自に発展を遂げます。
例えば、山形県「酒田甚句」、茨城県「大洗甚句」、石川県「金沢名物」、愛知県「名古屋甚句」、山口県「男なら」、高知県「土佐なまり」(通常「よさこい節」の後に付けて歌われる)等です。
少し形態は違いますが「相撲甚句」も同じ流れから来ていると言われ、一説には、名古屋甚句(尾張甚句)に影響を与えたとも言われています。
さて、この流れの中で熊本に生まれたのが「熊本甚句」。
しかし今やそのオリジナル・タイトルは殆ど忘れられ、冒頭の一句の強烈な響きとインパクトある、その内容(嫁入りしたが…)故に、そちらの方がタイトルとして定着しています。
――「おてもやん」と。

この歌を巡っては、これまで様々な説(注2)が唱えられてきました。
私自身は、永田稲(イネ)によって、友人の(富永)登茂(トモ、通称チモ)との交流の中から作られたと言う説が、最も合理的且つ矛盾なく各種状況を説明し得ると考えています。
その検証は後に行いますが、
以下、この説をベースに、この歌の成り立ちやその後の展開を見ていきましょう。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-01-23 00:40 | SONG | Comments(0)

Air on the G String /Arie auf G    「G線上のアリア」 

-1722年?   Johann Sebastian Bach -
c0163399_2128443.jpg

クラシックの楽曲としては知名度も高く、最も人気のある作品の一つでしょう。
特に昨今は、クラシックの枠を超え、「癒し」「ヒーリング・ミュージック」として様々なアーティストが採り上げられ、BGMとしても幅広く聴かれています。

改めて説明するまでもなく大バッハの作品です。
多くの方がご存知のとおり、この曲のタイトル、というか「通称/ 愛称」はバッハ自身が名付けたものではありません。
正式な名称は、管弦楽組曲第3番(BWV 1068) の第2曲「アリア」(Air)。
二長調(Dm)で書かれていた原曲をハ長調にすると、ヴァイオリンのG線だけで演奏できることを「発見」したのは、19世紀後半に活躍したバイオリニストのアウグスト・ヴィルヘルミでした。

では、この楽曲の生まれた背景、世間に受け容れられていく状況、更にその広がりを見ていきましょう。
c0163399_12451336.jpg

冒頭画像は主としてクラシック界の各楽器による演奏を収録した「G線上のアリア100%」(98年 BMGジャパン)、続編の「G線上のアリア100% rosso」(07年 同上)も出ています。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2011-01-03 00:02 | SONG | Comments(0)

Jingle Bells  ジングル・ベル

 - 1950~57年? James Lord Pierpont -
c0163399_2232323.jpg

世界中で広く親しまれているクリスマス・ソング(ホリディ・ソング)の定番中の定番。

一説では、教会で生まれたと伝えられてきた、この歌は、面白いことに、宗教的フレーズもクリスマスに関する言葉も一切出て来ません。しかし、だからこそ、国境や宗教を越えて歌われてきたのかも知れません。

"jingle (ジングル)"とは、元来チリンチリンと言う(鈴の)音を表す言葉。擬音語。
"jingle bell"は、橇(そり)につけられている鈴。
そう、この歌で歌われているのは、楽しい冬の橇(そり)遊びの光景です。
オリジナルのタイトルも"One Horse Open Sleigh"(馬一頭立ての屋根なし橇) でした。
この歌はもともとクリスマスとは何の関係もなく生まれたものでした。

では、この歌はどのようにして生まれ、クリスマス・ソングの定番となったのでしょうか?

なお、これまでもこのブログで何度か触れたとおり、人種の坩堝、多宗教国家である米国では、各種メディアは、この辺りに配慮して「クリスマス・ソング」を「ホリディ・ソング」と言い換えることが多いようです。
詳しくは、"Happy Holidays!"の記事をご参照ください。

(冒頭画像はモアナさん撮影。フォトライブラリー提供)

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-Yokota | 2010-12-18 21:03 | SONG | Comments(0)

ふるさとの

 - 1907年 三木露風 + 1908年 斉藤佳三 -
c0163399_001153.gif

ふるさとの
      小野の木立に
             笛の音の   
                 うるむ月夜や。
少女子(おとめご)は
        熱きこゝろに
                そをば聞き
                  涙ながしき。
十年(ととせ)経ぬ、
         おなじ心に
            君泣くや
              母となりても。 

三木露風(1889 - 1964)の代表作の一つです。
中央詩壇に、その名を知らしめた詩集『廢園』(光華書房、1909年=明治42年9月5日発行)に「廿歳までの抒情詩」28篇の内の一篇として収録。この詩のあとに「明治四十年十月」と付記されています。
元々、この作品は雑誌「文庫」第35巻第6号(1907年=明治40年12月15日)に「冬夜集」の一篇として発表されたもので、露風、18歳の作です。

複数の音楽家(お馴染みの近衛秀麿、山田耕筰始め、石桁 真札生、宮原禎次、戸田邦雄、戸田盛忠他)により曲が付けられましたが、現在定着しているものは何と言っても斎藤佳三(1887-1955)によるものでしょう。

斎藤佳三については、今や「知る人ぞ知る」存在となっているのが現状かと思われますが、大正から昭和初期(戦前)にかけて作曲やデザイナーとしてマルチな活動をした人物で、「デザインの父」と呼ばれることもあります。

ここでは、若き日の三木露風と、現在では殆ど忘れられかけた稀代の才人、斎藤佳三の生涯及び大正時代の芸術家同士の交流をみて行きたいと思います。
(冒頭画像は、露風の直筆原稿を色紙に写したもの。 財団法人 露城館・矢野勘治記念館 所収、同色紙の販売も行っています)

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2010-12-18 18:58 | SONG | Comments(0)

Autumn Leaves/Les feuilles mortes  「枯葉」  Part2

- 1945年 Jacques Prevert + 46年 Joseph Kosma / 49年 Johnny Mercer -
c0163399_0242362.jpg

秋の定番と言えば、この曲。
この曲については、まだ、このブログが独立する前の段階、すなわち、有美さんのHPの片隅を借りて、曲紹介を書いていた08年の前半に、いち早く採り上げました。
(ブログの下段の日付は原則として07年12月以降の各曲の有美さんの初演日であり、記載した日とは限りません)
当時は、曲紹介の内容もわりと平板で短めでした(実は、その方が読み易くて良いと言う意見も、根強いのですが…)が、今回、それに若干手を加え、Part1としました。
確認されたい方はクリック→Part1

なお、日本語歌詞については、こちらをクリック→Part3

そしてこのPart2では、もう少しカヴァー曲を追加してご紹介したいと思います。

なお、冒頭の画像はユニバーサル系列の音源を集めた編集盤「枯葉 Autumn Leaves」(ユニバーサル 04年)
Part1で概説した演奏の一部や"What's New?"で紹介したビル・エヴァンスとジェレミー・スタイグの競演や色々珍演奏まで収録されています。

More 続きはこちらをクリック
[PR]
by Eiji-yokota | 2010-10-18 00:31 | SONG | Comments(0)