Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


Misty

- 1954年 Erroll Garner + 55年 Johnny Burke -
c0163399_17191320.jpg

ジャズ・ピアニスト、Erroll Garner エロル・ガーナー(1921 - 1977)(米:ピアニスト・作曲家 詳細は名前をクリック)生涯の傑作
ガーナーのメロディにJohnny Burke ジョニー・バーク(1908 - 1964)(米:作詞家 詳細は名前をクリック)が翌年詞を付けました。
多くのアーティストに愛され、直ぐにスタンダード・ナンバーの仲間入りを果たします。
その人気の程は"Misty"と言う名前のカクテルが何種類も生まれたことでも推し測れます。

この曲の誕生の瞬間を伝える有名なエピソードがあります。
それもいくつかのバリエイションがあるのですが、一番知られているのは、下記です。

その日、ガーナーはシカゴからNYへ(この逆と言う説もある)飛行機で向っていました。
窓の外に広がる霧(虹と言う説もある)を眺めているうちに、突然彼は曲想を思いつきます。しかし、実は独学でピアノをマスターした彼は譜面を書くことも読むことも出来なかったのです。思いついたメロディを忘れないように機内で何度も必死にハミングを繰り返し、空港に着くや否やタクシーを飛ばし、ホテルでピアノとテープレコーダを借りて、この曲を吹き込み、事なきを得たのです。
あるいは、空港から駆け付けたのはスタジオだった、いや自宅だったと言う異説も…
また、離陸前の窓から見た霧だったと言う説、機中で奥さんのことを考えていたと言う説や、単純にSFの霧を念頭に置いたと言う説まで…
とにかくやたら様々なバリエイションがあるのですが、ガーナー亡き後の今となっては真相は藪の…、いえ、霧の中ですね。

あわや、名曲が忘却の淵に沈まんとすることを辛うじて食い止めたガーナーでしたが、あらためてあまりの曲の出来の良さに、これはどこかで聴いた誰かの曲ではないだろうか、と訝しがったようです。
これもどこかで聞いた様な話ですね。
そう、あのポール・マッカートニーが夢の中で"Yesterday"のメロディを思い付いた時にも、彼は同じ気持ちになり、周囲に「こんな曲聴いたことないかい」と聞いて回ったようです。

54年7月27日 ガーナー、同曲を録音。
メンバーは Wyatt Ruther(b) 、Eugene "Fats" Heard(ds)
インストゥルメンタル部門で最高30位を記録しました。
この曲が収録されたオリジナルアルバムは"Contrasts"(EmArcy 54年)。右上画像参照
アルバムの録音に立ち会ったマネージャーのMartha Glaserが、ロマンチックなバラードとハードにドライヴする対照的な2種類の曲群があることから、このタイトルに決めたそうです。

おそらく、楽譜の更なる売り上げを狙った出版社の要請を受けてのこととと思われますが、インストゥルメンタルでリリースされ、既に一定の人気を得ていたこの曲に詞を付ける作業は流石のジョニー・バークでもプレッシャーがあったようです。
しかし、そこは才人バーク、独自の世界を展開してくれました。
霧から連想される「悲しみ」とか「ノスタルジー」等のありがちな連想をを排し、優しく愛される「とまどい」を謳いこんだのです。

 ♫ 私を見て
   木の上で降りられずにいる仔猫のよう
   雲にすがりついているような気持ち
   あなたの腕に抱かれていると霧に包まれているよう

歌詞全文は→こちら

誰が何と言おうと、この曲の極め付きは、Sarah Vaughanでしょう。
c0163399_12575637.jpg
彼女の代名詞の様になっている曲で、何度か録音・リリースしていますが、その最初のレコーディングをご紹介しましょう。
58年7月7日、サラはQuincy Jones クインシー・ジョーンズ (1933 - )のプロデュース、アレンジでパリで"Vaughan and Violins"(Mercury 59年)録音。
クインシーは直接、ガーナーからこの曲のリードシートと出来たばかりの歌詞を受け取って録音に臨みました。当時のヨーロッパはちょっとしたジャズ・ブームで、米国から多くのアーティストが訪れていました。本国と違い、人種差別の意識が相対的に低いヨーロッパでは黒人アーティストも正当に評価され、リスペクトを受けました。金銭的にも米国より優遇されていましたので、ヨーロッパに移住するジャズ・マンも少なくありませんでした。クインシーは、フランスのバークレイ・レコードの音楽監督、編曲者、指揮者としてパリに滞在し、一方でストラヴィンスキーの直弟子であるナディア・ブーランジェに師事し、本格的に音楽を勉強していました。MJQのオリジナル・メンバーだったKenny Clarke(ds)は移住組の一人で、このアルバムに参加しています。ベースは曲によって、フランスを代表するPierre Michelotとクラシックとジャズそして欧米のそれぞれ二つの世界で活躍したRichard Davisが交替し、ピアノはサッシーとつながり深いRonnell Bright。そしてこの曲ではZoot Simsがバックでサックス・ソロを聴かせると言う豪華な顔ぶれでした。

現在、このアルバムはジャケットを変え、"Jazz in Paris"シリーズの1枚として発売されていますが、("Jazz in Paris: Vaughan and Violins"(Mercury 03年))オリジナルのフォーマットに拘らないのでしたら、このブログでも度々採り上げている"Misty"(Mercury/Polygram)の方が入手も容易で、後記の通り「お得」でしょう。
実は、サッシーはその後、一旦Mercuryを離れてRoulettレコードと契約をしますが、63年再びMercuryレコードに戻ってきます。その時、クィンシーはMercuryレコードの副社長を務めていました。彼女のデンマーク・ツアーに同行したクインシーによって、名盤の誉れ高い"Sassy Swings the Tivoli"(63年7月18-21日)が収録されます。ここでの"Misty"も素晴らしい出来です。余生をかって、二人は58年のアルバムの続編とも言うべき"Vaughan and Voices"(コペンハーゲン 10月12日)を録音。この2枚をカップリングしたものが、先のアルバム"Misty"です。
c0163399_14252784.jpg
しかし、この曲をヒット・チャートに送りこみ、多くの人に知らしめたのは、Johnny Mathisです。彼のヴァージョン(59年)はチャートで12位になり、ゴールドディスクにも輝きました。以後、彼の代表作ともなっています。
右の"Heavenly"(Columbia)に収録されています。




c0163399_0822.jpg
ここでインストゥルメンタル盤を一つご紹介しましょう。
ヴァルヴ・トロンボーン(注1 )の名手Bob Brookmeyer ボブ・ブルックマイヤー (1929年12月19日-)(米:音楽家 詳細は名前をクリック)の"Bob Brookmeyer and Friends" (Columbia 64年)
メンバーが豪華です。
嘗てボブのボスだったStan Getz(ts)を始め、Gary Burton(vib)、Herbie Hancock(p)、Ron Carter(b)、Elvin Jones(ds) ! 更に1曲だけですが、Tony Bennetteがゲスト参加して歌っています。
ここで繰り広げられているのは火花の散る熱いジャム・セッションではなく、ウエルメイドながらリラックスした、しかし洗練されたサウンドです。「ハードバップ命」の人には向かないかも知れませんが、知る人ぞ知る名盤として一部では結構人気の高いアルバムです。
通常、このブログでは入手しやすい定番を主体にご紹介していますが、このアルバムは残念ながら現在廃盤のようです。再発を待ちましょう。待てない人は中古屋へ…(一応、上のアルバム・タイトルをクリックするとアマゾン経由で一部の中古業者さんの在庫が確認出来ます)

最後に"Misty"の人気ぶりをもう少し。
ガーナーの「紳士録」(WHO'S WHO)でも触れていますが、おそらくガーナー本人より、この曲の方が有名で人気があるのではないでしょうか。「ガーナーの名曲"Misty"」ではなく、「"Misty"の作者、ガーナー」みたいな…
この曲の人気のバロメータは冒頭のカクテルに留まらず、そのネーミングがジャズ喫茶、ライヴハウス、レストランの類からブログやHP果ては会社名にまで及んでいることからも肯けます。
c0163399_20231411.jpg
映画でも、Clint Eastwood クリント・イーストウッドが監督デビュー(勿論、本人が主演)したサイコ・ホラー映画"Play Misty for Me「恐怖のメロディ」"(Universal 71)のタイトルを飾りました。

因みにGoogle(Japan)で"Misty"と検索すると、27百万件以上ヒットと表示されます。



*************************

注1) ヴァルヴ・トロンボーン
トロンボーンは通常スライドを伸縮させて音の高低を出しますが、トランペットやサックスのように(3個以上の)ヴァルヴを備えたものもあり、これをヴァルヴ・トロンボーンと呼びます。スライド式トロンボ-ンはスライドさせる為に早いパッセージが吹けない等の難点があった。そこで19世紀にヴァルヴ(ロータリー)が発明されると、ヴァルヴ・トロンボ-ンが誕生し、一時はスライド式を凌ぐまでに普及。その後、演奏技術の向上により、スライド式が再び主流となる。現在では、クラシックよりジャズの分野で使用されることが多い。奏者としては、ボブ・ブルックマイヤー、ファン・ティゾールが有名。
イメージが湧かない人は、ボブの「紳士録」に彼がヴァルヴ・トロンボーンを吹いているイラスト・ジャケットを掲示していますので、参照ください。→こちら

アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバム・ヴィデオ、書籍等に関心のある方は、タイトル名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-06-17 19:58 | SONG | Comments(0)
<< It Don't Me... Secret Night 2nd  >>