Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


夢であいましょう


- 1961年 永六輔- 中村八大 -
c0163399_21385935.jpg

NHKのバラエティ番組「夢であいましょう」のテーマソング。
主として番組のオープニングとクロージングで坂本スミ子さんが歌っていました。
また、クロージングでは出演者全員で歌うこともありました。






下の画像は「中村八大作品集」(全4枚CD組の2枚目、この曲やここで言及されている曲がオリジナルで収録されています)
c0163399_2142849.jpg
同番組は昭和36年(1961年)4月8日から昭和41年(1966年)4月2日にかけ、当初、毎週火曜日、のち土曜日の夜10時から30分間生放送された。キャッチコピーは「1週間で、最も特別な夜」。

日本のテレビ黎明期の代表的番組として、今なお語り継がれているエポック・メイキングな番組です。
今から見ると、錚々たるメンバーがレギュラーとして出演していますが、当時は皆駆け出し。
TVも彼等も若かった。演出(末盛憲彦)・スタッフ、出演者、皆が楽しみながら、しかし、持てるアイデアをぶつけあい、向こう見ずのパワーで作り上げた番組と言えるのかも知れません。

主な出演者・スタッフ等 (敬称略)
司会者: 中島弘子 (65年3月まで。結婚で降板)
      黒柳徹子 (65年4月から。それまでもレギュラーとして出演)
渥美清、坂本九、田辺靖男、坂本スミ子、ジェリー藤尾、九重佑三子、デューク・エイセス、ジャニーズ
E.H.エリック、岡田真澄、三木のり平、谷幹一

構成(作) 永六輔
音楽 中村八大

ああ、あの人とこの人は …だな、とあれこれ浮かんでくるようなら、あなたは相当な芸能界通です。

歌あり、コントありのバラエティ番組でした。コメディアンが歌いを歌い、歌手がコントをする…
このブログは曲紹介が主たるミッションですから、少し、この番組の音楽的貢献に焦点を絞ってお話ししましょう。
番組では外国の曲も多く歌われ、演奏されましたし、外国人のゲストが歌うこともありました。
しかし、やはり、なんと言っても、永六輔- 中村八大による「六八コンビ」の「今月の歌」を忘れる訳にはいきません。
このコーナーから生まれたヒットをざっとあげてみましょう。

「上を向いて歩こう」 坂本九 61年
「遠くへ行きたい」 ジェリー藤尾 62年
「おさななじみ」 デューク・エイセス 63年
「こんにちは赤ちゃん」 梓みちよ 63年
「見上げてごらん夜の星を」 坂本九 63年
「帰ろかな」 北島三郎 65年

この番組はある世代にとっては懐かしさでいっぱいでしょう。
今でも番組の一部は「アーカイブス」として近くのNHK等で視聴できますので、関心のある方は下記にアクセスしてみてください。

http://www.nhk.or.jp/archives/index.html

また、一部はビデオ化され、一般発売されています。
c0163399_11787.jpg
「夢であいましょう」(コロムビアファミリークラブ) 
(現在アフィリエイトのリンクが切れています)






♫♫
夜があなたを抱きしめ
夜があなたに囁く
うれしげに悲しげに
楽しげに寂しげに
夢で夢で 
君も僕も
夢で逢いましょう
♫♫

良い子はもう寝なきゃいけない時間。この番組は当時の私にはまだちょっと「大人」の世界過ぎて、近寄り難かったことを覚えています。
まだ、ビートルズが日本に来る前のことでした。
しかし、そんな中、おませさん(?)の有美さんは、きっと、ドキドキしながら、でも、うっとりしながら、この番組を見ていたに違いありません

そんな思い出を込めて彼女は永六輔の世界を英語の歌詞で再現しました。
全文は下記をご覧ください。

**************************

Shall We Meet Within A Dream?

by Naomi Koyanagi

Shall we meet within a dream?
Shall we dance within a dream?
Sweet silver moonlight embracing you and me...
Stars in our hearts whispering love's old melody:

Star-lit melody; blue-note melody;
Fills my heart with you.
Please don't leave me now...

You and I; Me and you...
Anytime, anywhere
Shall we meet, within a dream?

なお、彼女のHPの"My Poem"に彼女のコメントとともに、歌詞の全文が掲載去れているので、併せてそちらもご覧ください。

********************

アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバムに関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。

なお、関連書籍としてご参考までに。
「上を向いて歌おうー昭和歌謡の自分史」(飛鳥新社 06年)

これは、永六輔さんが、ジャーナリストの矢崎泰久さんとの対談で昭和を振り返るもの。
それぞれの年に作られた作品(34の詞)と共に、その時の世相やお二人がどこで何をしていたかが語られています。さながら、二人版私的昭和史でしょうか。
当然、この曲やこの番組にまつわる話も語られています。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-03-19 16:34 | SONG | Comments(0)
<< Isn't It Ro... That's All >>