Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
カフェおやじさん、いつも..
by Eiji-Yokota at 22:15
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


Someone To Watch Over Me   「優しき伴侶を」

-1926年 George & Ira Gershwin -
c0163399_17351459.jpg

かのガーシュウィン兄弟がGertrude Lawrence(ガートルード・ローレンス 英 女優、コメディエンヌ 1988年7月4日~1952年9月6日)の為に書いたブロードウェイ・ミュージカル"Oh,Kay!"の挿入歌。
同作品は26年11月8日、インペリアル劇場での上演(256ステージ)を皮切りに、ロンドンでも上演され、更に数回に亘りリバイバル上演され、映画化もされています。
(冒頭画像は55年のスタジオ・キャスト盤のアルバム・ジャケット)



【 ミュージカルのあらすじ 】

時はローリング・トゥエンティ。禁酒法時代のニューヨーク、ロングアイランド。
女達からモテモテのイケメン、ジミーと密造酒一味の女ケイが織りなすドタバタ・ラヴ・ロマンス。

密造酒一味が清掃業者に扮して、ジミーの留守中彼の部屋の掃除をしながら密造酒を隠しています。やがて帰って来たジミーは、その一味の中にいたケイこそ、去年の夏溺れているところを助けてもらった少女だと気づく。勿論、まだジミーは彼女達の正体は知りません。
ところが、違法行為の匂いを嗅ぎつけて国税官ジャンセンがジミーの家に現れ、ケイに目を付けます。ジミーとケイは咄嗟に二人は今結婚したばかりだとその場を取り繕います。
やがて、ジミーの婚約者コンスタンチェが現れた時、ケイはジミーに対する自分の気持ちに気がつきます。この時、縫いぐるみ人形(もともとガーシュウインがフィラデルフィアで主演女優のローレンスに差入れる為に購入したものだった)に向かってケイが歌いかけるのがこの歌です。
ジミーとコンスタンチェの結婚式が始まるとケイの気持ちを知った仲間の一人が国税官に扮してジミーを禁酒法違反で逮捕すると乱入し、式を見事に中断させます。ところが、そこにジャンセンが現れ、ケイを含む一味とジミーは禁酒法違反で本当に逮捕されてしまいます。酒は没収。彼等は地下に監禁され…ところが、ジャンセンの正体こそは海賊ブッラクバードだったのです。一味は機転を利かし、酒をブラックバードから取り戻します。その夜、お祝いにジミーがパーティを開き、皆がケイを「OK」と称賛しているところに、ブラックバードが再び現れ、不法入国者のケイを国外追放してやるといきまきます。しかし、ケイはその時ジミーと結婚し、米国人になっていたのです。
(本当はもう少し込み入ったストーリーですが、大筋だけ…)

【 カヴァー 】
c0163399_16252245.jpgスタンダード・ナンバーとして実に多くの有名アーティストがカヴァーしていますが、当初は今のようなスロー・バラードではなく結構早く演奏されていたようです。
まずは、ガ-シュウィンの自演ヴァージョンから
ジョージ・ガーシュウィン自作自演 (2013年 コロンビア)

カヴァーは本当に多くて、男性シンガーも結構カヴァーしています。
(最近ではスティング!も)


因みに、歌い手の性によってオリジナル歌詞の男と女を逆転させて歌うことはよくやりますが、この曲の歌詞の内容からすれば、個人的にはいただけません。ま、いい曲ですから、男性も歌いたい気持ちは分かりますが)
c0163399_1659329.jpg女性ヴォーカルにも色々ありますが、ここでは、ガーシュウィン作品集をリリースした女性歌手を。

まずはハスキーで小粋なLee Wiley "Sings the Songs of George & Ira Gershwin & Cole Porter"(Liberty 39年)。

とにかく巧いSarah Vaughan。c0163399_1792314.jpg57年版の"Sarah Vaughan Sings George Gershwin")(Mercury)

そして、しっとりと歌うElla Fitzgeraldの"Ella Sings Gershwin" (Decca 57年)辺りがお薦めでしょうか。

因みに、上記アルバムには、このブログで紹介している他のガーシュウインの名曲(例:How Long Has This Been Going ON ?)I've Got A Crush On You"等)も収録されていますので、是非、一度聴いてみてください。

男性歌手から一人だけ。
c0163399_1753845.jpgFrank Sinatra の1960年の大ヒット・アルバム。
Nice N Easy (Capitol 1991年)
シナトラにはコロムビア、キャピトル、リプリーズとそれぞれの専属レコード契約時代がありますが、人気凋落後、奇跡の復活を遂げ、ネルソン・リドルとタッグを組んだキャピトル時代がベストと言うのが大方の評価です。
このアルバムはコロムビア時代の人気曲をキャピトルの黄金のコンビで再演したもの。
CD化の際、54年の録音(再演)ですが、本曲も追加収録されました。

c0163399_17051100.jpg最後はビートルズ・マニアの為のトリヴィア。
Mary Hopkin もカヴァーしていました。
彼等が作ったアップル・レーベルからリリースされた彼女のファースト・アルバム"Post Card"(69年)に収録。アルバムをプロデュースしたのはポール・マッカートニー。
選曲も全てポールによって行われ、それまでメアリーはこの曲を全く聴いたことがなかったそうです。

【 歌詞 】

♫♫
悔悟と共に思い浮かべるただ一人の男性
彼のイニシャルを私のモノグラムに加えるたい
迷える子羊を導くシェパードはどこなの?
彼が私を見つめてくれるようになればいいのだけど
♫♫

と切ない「女心」を歌っています。

歌詞全文については、こちらをクリック。


アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバムに関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-03-19 09:03 | SONG | Comments(0)
<< You'd Be So... It's A Sin ... >>