Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


My Favorite Things

- 1959年 Richard Rodgers + Oscar Hammerstein Ⅱ-
c0163399_13123621.jpg

スタンダード・ナンバー。
59年に初演されたミュージカル“THE SOUND OF MUSIC"の挿入歌。

冒頭画像は映画のサウンド・トラック版“The Sound Of Music" (RCA 1965年)

ここで簡単にこの映画と原作のミュージカル、そして、更にその元になったトラップ・ファミリーについて触れておきましょう。
c0163399_16321021.jpg
この映画・ミュージカルの原作はマリア・フォン・トラップ(1905/1/26~1987/3/28)の「トラップ・ファミリー合唱団物語」(49年) 邦版「サウンド・オブ・ミュージック (Modern Classic Selection)」(文渓堂 1997年)

オーストリアから移住して来たこの家族合唱団はアメリカで人気を博し、彼女の原作もベストセラーとなりました。
56年、当時の西ドイツで映画化(Die Trapp-Familie)されヒットし、58年には続編も公開されました。 (邦題「菩提樹」)

この映画を見た米国のブロゥドウェイ関係者達は、自分達なら、この作品をもっと完璧なものに出来ると考え、その権利を入手します。
しかし、彼等は最終的には、実際のトラップ合唱団のレパートリーを使用することを止め、原作をベースとはしたものの、全く独自のミュージカルを制作したのです。




【 オリジナル・ブロゥドウェイ・ミュージカルと映画版 】

c0163399_1393844.jpg
プロデューサー達が、新たな曲作りチームとして起用したのは、当時、最高のミュージカル・ヒット・メーカーだったリチャード・ロジャースとオスカーハマースタイン2世のコンビでした。
リチャード・ロジャース(1902年6月28日-1979年12月30日 NY生まれ)は以前はロレンツ・ハートとコンビを組んで成功した作曲家。
このブログでも採り上げた"My Funny Valentine"、"Isn't It Romantic?"等が有名です。
ハートの死後、彼はオスカー・ハマースタイン2世(1895年7月12日-1960年8月23日 NY生まれ)とコンビを組み、数々のミュージカルを手がけ、遂には、巨匠と呼ばれる存在になります。
ハマースタインは、このミュージカルの上演中に亡くなり、彼の遺作となります。

1959年11月に初演を迎えたミュージカルは、63年5月まで、1442回と言う当時としては破格の上演記録を打ち立てます。

マリア達一家は、このミュージカルの現実離れしたストーリーやトラップ大佐---実際には少佐だったが、オーストリアの複雑な階級の為に起った誤訳と言われている---の人物像(当初は横暴な人物として描かれていた)にはショックを受け、不満だった様です。

さて、舞台がヒットすれば、米国映画界も黙っていません。
映画化のプロジェクトが立ち上がります。
c0163399_12355080.jpg
65年、ジュリー・アンドリュース主演の映画は世界中で大ヒット。
全世界で2億8621万ドルを稼ぎ出し(製作費は820万ドル)、当時、巨費をかけた「クレオパトラ」がコケて、倒産寸前だった20世紀フォックスは、この映画のヒットで息を吹き返したと言われています。
今日では、「ミュージカル映画の最高傑作の一つ」との呼び声が定着した感があります。
なお、原作者のマリア・フォン・トラップが、撮影の見学に訪れた際に請われて、マリアが最初にトラップ宅に向かうシーンに通行人役で出演しています。

映画の映像は現在ではBlue-Ray化されています。
サウンド・オブ・ミュージック Blue-Ray版 (20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン 2011年)


【 歌詞と歌われるシーン 】

この歌は、オリジナルのミュージカルではトラップ家にマリアを送りだす前の修道院長の部屋で歌われますが、映画ではマリアの寝室を訪れた子供達が雷を怖がっている時に、彼女が優しく語りかけます。
「楽しいことを考えて」

♫♫ 薔薇の花の上の雨の滴
   仔猫の髭
   ピカピカに輝く赤銅のヤカン

そして次々に「お気に入り」を歌い出すのです。

この手の曲をカタログ・ソング(*)と呼ばれています。
(*)具体的には、These Foolish Things 参照。
このシーンを境にマリアはトラップ家に受け容れられていきます。
なお、ミュージカルでは、このシーンでは“The Lonely Goatherd”「ひとりぼっちの山羊飼い」が歌われました。

【 カヴァー 】

JR東海のCMにも使われ、日本でも人気のある曲で、多くの演奏家が採り上げています。

しかし、やはり、この曲の決定的名演は、コルトレーンの演奏でしょう。
c0163399_19152442.jpg
60年10月、当時絶頂期を迎えつつあったジョン・コルトレーンはいち早く、同曲を採り上げます。
同名のアルバム"My Favorite Things"(Atlantic 1961年)は、モード・ジャズ(*)の傑作としても名高い存在です。
以後、トレーン(コルトレーンの愛称)は、この曲を重要なレパートリーとして、ステージでもよく演奏していました。
(*)それまでの即興演奏がコード進行の中で行われていたのに対し、旋法を用いることにより、更に自由な発想・表現を可能にした。マイルス・デイヴィス等によって推進された。

この日(2007年12月14日)のピアノの岩崎さんも、気合いのこもったソロ・プレイを聞かせてくれました。

因みに、トレーンは、この曲をカバーした際、ソプラノ・サックスを初めて本格的に使用しましたが、その響きも当時の日本のジャズ・ファンには耳新しいものでした。
そして、まだ当時の日本では、ミュージカル“サウンド・オブ・ミュージック”が広く紹介されることもなく、勿論、映画化もされていない段階でしたので、レコードから聞こえてくるプオー・プオー・ピーヒャラ・ピーヒャララと言う摩訶不思議な響きを聴いたファン達は「トレーンの新曲の元歌はアラビアの音楽か、なんかじゃろうか」と囁き合ったものでした。

P.S.
唐突ですが、最近のジャズ・ヴォーカルを一つ。
c0163399_165290.jpg
世界は広い。デンマークから登場した女性ヴォーカリスト Sinne Eeg シーネ・エイ。
ジャズ・ヴォーカルの伝統をしっかり受け継いだ上で、自分の世界を築いています。
ピアノ・トリオをバックに少しハスキーな歌声を聴かせます。
アルバムでは、本曲の他に同ミュージカルのタイトル曲も収録されていますが、オリジナルが主体です。これが結構レベル高いのです。
ブルーな予感 (ビデオアーツ 2011)




アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバムに関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2007-12-14 14:58 | SONG | Comments(2)
Commented by minmin at 2008-09-23 19:54 x
私の大好きな映画。その映画の中で目を見張った曲の一つ。私はこれを見て「マリアになるんだ!」と思ったのです。 子供の発表会にドレスが無くてどうしようかと思ったことがありました。 小学2年生と4才の娘達。綺麗な家具カバーのレースをじっと見ていて、この映画を思い出し、そのカバーをジョキジョキと切って素敵なお揃いドレスに作り上げました。 真っ白なレールのドレスでした。 私がマリアになった瞬間でした!!
Commented by Eiji-Yokota at 2008-09-25 19:28
優しい、しかも肝っ玉minmin母さんだったんですね。
そして、いつまでもマリアみたいに歌い続けられたら良いですね。
<< Have Yourself A... When I Fall In ... >>