Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


ひがなひねもす古都の秋  Corcovado 補遺

c0163399_23484789.jpg

すっかり秋も深まりました。
Naomi's Choice へようこそ。

ここのところ公私共にせわしなく、ブログの方もさぼりがちで、申し訳ありません。

たまたま、先日、プライベートで、それも極めて厄介な案件の為に関西を訪れていました。
ようやく、それらが一段落して気が付けば、そこは秋真っ只中の古都。
帰るまでの数時間を捻出し、南禅寺から哲学の道を少し上ってみました。
アップした写真はその時のもの。
カメラも用意していなかったので手元の携帯で撮ったもので、あまり満足出来るショットはとれませんでしたが、雰囲気だけでも…

紅葉と言えば、ブログの方は少し前に「枯葉」のPart2としてMiles Davis 一党のカヴァーを集めてみました。
Part1も少しレイアウトを変え、加筆しました。両方ともアクセスいただければ幸いです。
しかし、TV-CMの力は恐ろしいもので、紅葉を見続けていると、いつのまにか、My Favorite Thingsを口ずさんでいました。
「そうだ 京都 行こう」ですね。
こちらの記事もよろしく。(曲名をクリックください)




c0163399_23501570.jpg

さて、京都です。
グルメや旅のブログではありませんので、ここでは写真等は控えますが、
ちょっと疲れたので、宿舎でもらった地図を見ながら(なんのコメントもなかったのですが、お店の名前に、なんとなく好奇心がくすぐられ)、休憩を兼ねて、平安神宮近くの、しかし裏道の住宅街の中に、ひっそりとある、そのお店を訪れてみました。

Kyoto 生 Chocolat Organic Tea House
京都市左京区岡崎天王町76-15
☎ 075-751-2678
http://www17.plala.or.jp/kyotochocolat/

大正解でした。
生ショコラもコーヒーもおいしかったのですが、それにもまして、その雰囲気が…
旧い民家をそのまま喫茶店にした、そのお店。
すぐ近くには観光スポットがあり、その日も大勢の観光客で賑わっていましたが、そこだけ、ぽつんと取り残されたというか、隠れ家のような佇まいの中で、やさしい時間が静かに静かに流れていました。
しばし帰りの新幹線の時間も忘れたひと時でした。

さて、そんな時のBGMにぴったりなのが、ようやく、久しぶりに書いた曲解説"Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars)"です。

紅葉を眺めながら、ひがな一日ただただ、この曲を聴いて過ごす…残念ながら、私自身はそんな生活とは縁遠い毎日ですが、皆さんには是非、そのような気持ちの贅沢を楽しまれることが出来るよう、お祈りしています。

かつて読んだボサノヴァ関係の本に、日頃ボサに接していない女性が、その演奏を聴く機会があり、その感想として「まるで日曜日みたい」(ごめんなさい。正確な表現は忘れてしまいました!)と言う趣旨の発言をしたと書いてありました。
ボサの一面を実によく突いてますね。

中間層のサロン・ミュージック
囁く様に、あくまで小さな声で、繊細に

良い意味でも悪い意味でも、ボサはそういう宿命・限界を背負っています。
批判するも良し、一生懸命聞き込むも良し。
BGMとして聞き流すのも、また良し。

いずれにしても、愛する人と、なにげなく風景を眺めながら過ごすひと時に
なにか音楽があれば、この上ない贅沢ではあります。

あなたの窓から見える景色はなんですか?

【 Corcovado こぼれ話 】

さて、実はCorcovadoの記事は容量超えてしまい、割愛した部分があります。
わざわざアップするほどのこともないのですが、ここまで書いてしまったので…

1.自由の女神と

NYの玄関口、リバティ島に立つ自由の女神(The Statue of Liberty)。
こちらは米国の独立百周年を記念して1886年フランスから贈られました。

コルコヴァードのキリスト像と自由の女神を巡ってカリオカの間では、こんなジョークが囁かれていました。
両者は実は向かい合っており、あのキリストの両腕広げているポーズは、キリストが自由の女神を孕ませてしまい、女神から「どうしてくれるのよ!」と迫られ、「どうしようもないよ」と言っているところだ、と。

ま、ジョークを真面目に検証すること程興醒めなものはありませんが、
この二つの像、Google Earth でチェックする限り、地球が球体で、それぞれが南北半球に分かれていることを考慮しても、そもそも向かい合ってはいないのですが…

2.窓の外からキリスト像は見えなくなった

ボサノヴァ・ブームの絶頂期の象徴のような「イパネマの娘」を最後に、トム・ジョビンとヴィニシウス・ヂ・モライスは共作コンビを解消します。
ヴィニシウスはその後バーデン・パウエルそしてトッキーニョと共作を続けます。
その一つにトムとの共作の思い出を歌い込んだ "Carta ao Tom 74「トムへの手紙 74」"があります。
あのナシメント・シルヴァ街107番地のアパートをノスタルジックに歌い上げたヴィニシウスの詩に、Toquinhoトッキーニョがシンプルだけどセンチメンタルなメロディを付けました。
オリジナル版は、イントロに、あのCorcovadoのメロディ、後半は、ヴィニシウスが名付け親と言われるQuateto em Cy カルテート・エン・シーの女性コーラスが…

あの頃は幸せだった。
懐かしいよ
イパネマは幸福であふれていた
まるで愛が静かに泣いているみたいに

これを受けたトムはアンサー・ソング(返歌)と言うか、替え歌を Chico Buarque シコ・ブアルキと共作します。"Carta do Tom 「トムからの手紙」"

あの娘から逃れてエレヴェーターへ
かつてキリスト像が見えた四角い窓からは
セルジオ・ドウラドが見えるだけ
はっきりしていることは
僕らの愛は終わりにすべきということ

拙訳では、なんとも取りつくシマがない歌詞になってしまいましたが、
トムのライヴでは、メドレーで歌われ、ノスタルジーに浸っていたお客はここで一転大爆笑となるのです。
セルジオ何某についてはよくわからないのですが、どうやら不動産屋のようですね。
高層ビルが立ち並びキリスト像が見えなくなったということでしょうか…
ご存知の方はご教示ください。

この曲については、ヴィニシウス・ヂ・モライスのWHO'S WHO 及びアントニオ・カルロス・ジョビンのWHO'S WHO Part2 も参照ください。


【 参考文書 】

Corcovadoの記事については、いつものことながら、ボサの基礎資料ともいうべき、次の書籍に拠るところ大です。
記事の中で「(トム・ジョビンの)妹エレーナ、ルイ・カストロと書いているのは、それぞれの著者、そして引用は下記書籍からです。

1.エレーナ・ジョビン「アントニオ・カルロス・ジョビンーボサノヴァを創った男」(青土社 98年)
2.ルイ・カストロ「ボサノヴァの歴史」(音楽之友社 01年)

c0163399_11545790.jpg
c0163399_038674.jpg











アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバム・書籍等に関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
なお、本文末尾に2個のテキスト広告が表示されることがありますが、これはブログの運営会社エキサイトが行っているものであり、当ブログは全く関与しておりません。
[PR]
by Eiji-yokota | 2010-11-30 23:59 | 口上 | Comments(0)
<< Happy Holidays ... Autumn Leaves/L... >>