Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


Silent Night / Stille Nacht! Heilige Nacht! 「きよしこの夜」    Part 3

- 1816年  Josef Mohr + 1818年 Franz Xaver Gruber -
c0163399_2312116.jpg

Part1:この曲の誕生の背景、クリスマス休戦
Part2:歌詞の世界、翻訳者達

さて、Part3は「カヴァー」特集です。
世界300以上の言語で歌われているこの曲について、その代表作品を選出することなど、文字通り、神をも畏れぬ所業ですが、割り切って私の好みでいくつかピックアップしてみましょう。


因みに、冒頭の画像はフィル・スペクターの一党によるクリスマス・アルバム"A Christmas Gift for You from Phil Spector"(Philles / Universal 63年)
60年代ポップス・ファンにはたまらないアルバムでしょう。
子飼いのアーティストで固め、得意のウォール・オブ・サウンド(Wall of Sound)を聴かせます。
ただ洗練された現代のサウンドに慣れ親しんでいるリスナーには、このぶ厚いエコーもただただモコモコとした響きに聴こえるだけかも知れませんが…?




c0163399_1856551.jpg

Mahalia Jackson 「きよしこの夜」(Columbia/Sony 62年)
私はクリスマス・キャロルと言うと、まず、マヘリア・ジャクソンを思い浮かべてしまいます。
少年時代、何気なく見ていたNHK-TVの音楽番組で、始めて彼女を知りました。何の知識も心の準備もないままに聴いた彼女のこの曲の歌唱はあまりに強烈でした。以後40年近く、私を捕えて放しません。上記は入手が容易な編集盤ですが、おごそかでスピリチュアルな世界は不変です。

実は、当初、Part1でご紹介したこの歌の誕生逸話に沿って、ギター伴奏による男性デュオ(テノールとバス)によるドイツ語ヴァージョンを探したのですが、現在の日本で入手容易なものはなく、断念せざるを得ませんでした。
ドイツ語と言う観点では、動画サイト等にもそれなりにアップされていますし、先に「鳥の歌」でご紹介した鮫島有美子さんの「きよしこの夜」(コロンビア 88年)には日本語とドイツ語、2つのヴァージョンが収録されていますので、英語版と少しく趣の違うその響きをお楽しみください。

と、言うことで、以後は英語版主体になりますが、過去に紹介したアルバムとの重複を避けつつ並べてみましょう。

c0163399_23333853.jpg
最初に大ヒットしたヴァージョンと言えば、やはりビング・クロスビーでしょう。リリース初年度の35年だけで600万枚売れたと言われ、その後も毎年リリースされました。
"White Christmas"(Decca/Universal 45年)
アルバムのオリジナル・タイトルは"Merry Christmas"。
国内盤・輸入盤、そしてリリースの都度タイトルや収録曲が微妙に変わっているので要注意ですが、"White Christmas"とこの曲は「お約束」です。

c0163399_23311827.jpg
ヒット・チャートの常連によるアルバムと言えば、例えば、これ。
Carpentersはクリスマス・アルバムとしては"Christmas Portait"(78年)と"An Old-Fashioned Christmas"(84年)の2枚をリリースしていますが、カレンの死後(85年)、兄のリチャードが二つのアルバムから選曲してリリースしたものです。オリジナル盤に拘る方の為に申し上げればこの曲は前者に収録されていました。アレンジも唄声もカーペンターズ・サウンドそのものです。
"Christmas Portrait"(A&M / Universal)

さて、正統派や健全なポップス・ヒット路線から離れて少しマイナーなアルバムを。
c0163399_014040.jpg
かのチェット・ベイカー(1929 - 1988)の晩年に近い時期の作。
"Silent Night" (Rounder 86)
50年代、甘いマスクとアンニュイで中性的なノン・ヴィヴラート唱法で高い人気を誇っていた彼も麻薬やスキャンダルにまみれ、一旦活動を休止します。70年代カムバックし、主としてヨーロッパで活動していましたが、その変わり果てた風貌と枯れたサウンドはファンを驚かせました。アムステルダムの安ホテルで謎の転落死をとげる等ジャズの持つ負のイメージを文字通り体現した人生でした。58歳。50年代の輝かしい演奏に比べ、殆ど話題にもならないアルバムですが、「渋い」プレイを聴かせます。トランペットの演奏に徹し、ヴォーカルはとっていません。
c0163399_1213636.jpg
最後にクリスマス・アルバムではありませんが、当時話題になったヴァージョンに、サイモン&ガーファンクルの「7時のニュース/きよしこの夜」(66年)がありました。
オリジナルは"Parsley , Sage , Rosemary and Thyme"(Columbia/Sony)の最後に収録されています。
この曲のあとに2曲のボーナス・トラックが収録されているBlu-Spec CDでどうぞ。(タイトルをクリック)
ピアノの伴奏で淡々とこの曲を歌いあげる二人の歌声に重なるように「7時のニュース」として様々な出来事が読み上げられます。当時の公民権運動に関するジョンソン大統領の発言、これに絡むデモについてのマーティン・ルーサー・キング牧師の発言、レニー・ブルースの死、後に大統領となるニクソンの反戦運動批判発言等。まさに「あの時代」を彷彿とさせます。

さて、過去に紹介したクリスマス・アルバムの中にも、フランク・シナトラ、マライア・キャリーを始めとする名唱が多数収録されています。
左の「タグ」にある"Christmas"をクリックすれば、クリスマス関係の曲の頁が開きます。

【 おまけ 】
最後に二つの画像を
c0163399_15543195.jpg

はい、冒頭画像のアルバムの別カヴァー、ビートルズのAppleレコードから72年にリリースされた"Phil Spector's Christmas Album"(APCOR 24)、モノラル・アナログ盤。
ハイ、ビートルズ・マニアの私の宝物です。

c0163399_15392177.jpg
ポール・マッカートニー・アンソロジー1970-2005」(EMI)
どうしてポール・マッカートニー?
と言う疑問はごもっともです。
別にこのDVD集にポールのクリスマス・ソングの"Wonderful Christmas Time"が収録されているからではありません。
ここに収録されている"Pipes of Peace"のPVでは、ポールがドイツ人と英国人下士官の二役を演じていますが、これこそ、Part1 記載の「クリスマス休戦」のエピソードを題材にしたものに他ならないからです。

ハイ、お馴染みのビートルズネタでした。


アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバム・書籍等に関心のある方は、タイトル名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2009-12-20 17:09 | SONG | Comments(0)
<< Wish You A Merr... Silent Night / ... >>