Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
最新のコメント
長文のコメント、ありがと..
by Eiji-Yokota at 01:32
私は昭和34年に露風が書..
by 田舎暮らし at 10:49
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 11:00
コメントありがとうござい..
by Eiji-Yokota at 06:06
記事から7年目のコメント..
by as at 11:48
お久しぶりです。時々、貴..
by Eiji-Yokota at 21:11
お久しぶりです。 ジョ..
by shintaromaeda at 18:50
素晴らしい。 そうだっ..
by びっくりぽん at 18:19
30分にボーンとなる時計..
by 生後313ヶ月 at 23:07
2014年8月~9月大き..
by 生後313ヶ月 at 23:02
ようこそ、Naomi's..
by Eiji-Yokota at 05:59
"Everytime W..
by 通りすがり at 12:14
大阪も最高でした♪
by motoharublues at 13:11
勉強に成りましたー。Yo..
by エディまーくん at 16:38
味のあるかっこいいジャケ..
by motoharublues at 22:27
はじめまして長田元春とい..
by motoharublues at 22:54
コメントありがとうござい..
by Eiji at 10:38
トラックバックを頂きまし..
by わーきんぐまざー at 22:52
YES but it'..
by Eiji-yokota at 20:31
I would like..
by ziggy at 21:14
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
ブログパーツ
ファン
画像一覧


VINICIUS de MORAES ヴィニシウス・ジ・モライス

c0163399_0435767.jpg

1913年10月19日-1980年7月9日 66歳
本名:Marcus Vinicius da Cruz de Melo Moraes
ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ出生 
外交官、詩人、歌手、ジャーナリスト
洗練された詩風、美しい言葉でアントニオ・カルロス・ジョビンらと共にボサノヴァ・スタイルを生み出した。
透徹した詩人の目で物事を見据え、ボサの歌詞を書いても、他者の凡百のMBP作品とは一線を画す格調があった。
生涯、400以上の詩と400以上の作詞を行ったと言われている。

【 略歴 】
38年、オックスフォード大学留学
39年、最初の結婚(11年後、離婚。通算9回結婚する)
46年、外交官としてLA赴任。
任地に赴かない外交官は薄給の為、雑誌に人生相談(!)や音楽批評等を掲載して稼いでいた。その傍ら詩作に励み、アーティスト仲間達から一目置かれる存在となります。
その作風・テーマは「死」「罪」に関するものが多かった。
54年、ギリシア神話のオルフェウスとユーリディスの物語を、カーニヴァルに湧く当時のリオに置き換えた戯曲"Orfeu da Conceicao"(Orpheus of the Conception)を執筆。
56年9月25日、歌劇"Orfeu da Conceicao"「オルフェウ・ダ・コンセイサォン」、リオデジャネイロ市立歌劇場で初演。
後に世界的にヒットした映画「黒いオルフェ」(59年 Eng:Black Orpheus/frc:Orphee noir/Ptg:Orfeu Negro)の原作にあたる、この作品の作曲を詩人が委嘱したのが、若きトム・ジョビン。二人の共通の知人である新聞記者の推薦だった。以後、二人は共作活動を開始。多くの名作を残す。(後記、代表作参照)
62年8月2日、「イパネマの娘」初演。
この作品を最後にジョビンとの共同作業関係は終了。
ジョビンが別の人間と共作しようとするとヴィニシウスが嫉妬し、この為ジョビンが離れたとも言われていますが、二人の友情は後記のように生涯続きます。
c0163399_12562086.jpg
彼自身はその後もバーデン・パウエル(1937 - 2000 ブラジルのギタリスト、作曲家)やトッキーニョ(1946 - ブラジルの歌手、ギタリスト、作曲家)とコラボレートし、詩作を継続。

・入手可能なそれぞれの共作アルバム
バーデン・パウエル:
"アフロ・サンバ"(Universal 66年) (左画像)
トッキーニョ:
"ヴィニシウスへのサンバ"(Universal 74年) (下画像)
c0163399_1253666.jpg
これらの活動を通し、ボサノヴァにとどまらず、サンバやアーシー(アフロ・サンバ)な作品を創造。
また、外交官として各地に赴任。特にフランスではフランシス・レイやピエール・バルーにボサノヴァを教え、「フレンチ・ボッサ」を誕生させたと評される。
(クロード・ルルーシュ監督の映画「男と女」(66年)にも協力。彼とバーデン・パウエルの共作の"Samba da Bencao「祝福のサンバ」"が使われている)

国連ユニセフ大使まで務めたが、64年のクーデターによる軍事政権樹立後は左翼的ポリシーが嫌われ排斥される。
68年、「アルコール依存症」を理由に外務省(イタマラチー)を馘首さる。
(10年2月 外務省公式に名誉回復)
以後彼は音楽活動に専念。歌も披露し、トッキーニョとステージにも立った。
c0163399_23202820.jpg
左画像は、ミウシャ(ジョアン・ジルベルトの元奥さん)とジョビンの共演アルバムのプロモーションを兼ね、久々にブラジルに戻ってきたヴィニシウスとトッキーニョのコンビに15年ぶりにブラジルでライヴを行うこととなるトム・ジョビン、そしてミウシャが共演したステージ。
曲作りチームこそ解消しましたが、トムとヴィニシウスの友情が永遠だった証でもあります。
Gravado Ao Vivo No Canecao(伯 Som Livre)
77年、リオのナイトクラブ「カネカオン」でのライヴ。
中でも白眉は" No More Blues / Chega de Saudade"の記事でもご紹介したヴィニシウスとトッキーニョによる「トムへの手紙 74」。観客をノスタルジーに誘い込み、続くジョビンからの返歌「トムからの手紙」で大爆笑させます。
ライヴは好評で、8か月継続。

80年2月、ヴィニシウス、ポッソ・フンドのトム・ジョビン邸を最初で最後の訪問。
彼はその時、既に脳水腫と診断されており、体調を崩していました。
トムの妹、エレーナは「トムは友人が最後の別れを告げに来たことが分った」と記している。

80年7月9日 ヴィニシウス逝去。
互いの埋葬には出ないと言う生前の約束を守り、その日終日トムは朝から知人を相手に酒場で飲んで過ごしたと言います。

ウィスキーを愛し、美しい女性を愛し、生涯9回結婚の他、様々な奇行が伝わっている。
例えば、入浴が好きで、客人を一緒に浴槽に入り、もてなすのを好んだのは有名。
歳を取るについれて、ボヘミアン化し、身軽に、自由になれ、相手の女性も若くなっていく傾向があったと言われています。
c0163399_14225897.jpg
彼の生涯を追った記録映画「ヴィニシウスー愛とボサノヴァの日々ー」(ミゲル・ファリアJr. 制作・監督・脚本 1001Films Ltd.2005)も作成された。
日本でも09年4月18日から上映。
関連サイト→ここをクリック
右画像はサントラCD"Vinicius de Moraes"(Radoszynski 05年)。カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル他によるトリビュート・アルバムになっています。

【 代表作 】
アントニオ・カルロス・ジョビンとの共作
・Chega de Saudade (No More Blues)  想いあふれて
・A Felicidade (Goodbye Sadness) 悲しみよさようなら
・Insensatez (How Insensitive) お馬鹿さん
・Água de Beber (Water to Drink) おいしい水
・Garota de Ipanema (The Girl From Ipanema) イパネマの娘

バーデン・パウエルとの共作
・Berimbau ビリンバウ

トッキーニョとの共作
・Carta ao Tom 74 (Letter to Tom 74) トムへの手紙 74年


幸福とは
花びらに浮かぶ水滴
軽く震えてすぐ愛の涙のように
流れ落ちる

(Felicidade より)

【 公式サイト 】
Vinicius de Moraes (ポルトガル語) ← クリック

【 本ブログの関連記事 】
The Girl from Ipanema / Garota de Ipanema 「イパネマの娘」 (作詞)
No More Blues / Chega de Saudade    (作詞)

冒頭の画像は最新(06年)の自作自演集CD"Vinicius"(Universal)のカヴァー。

アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバム、書籍、ビデオ等に関心のある方は、各タイトルをクリックすれば、販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2009-04-05 00:44 | WHO'S WHO | Comments(0)
<< JOAO GILBERTO  ... なぜか青春時代 >>