Naomi's Choice 小柳有美の歌った歌
by Eiji-Yokota
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
お気に入りブログ
前田画楽堂本舗
最新の記事
Instant Karma!..
at 2016-01-10 18:20
Out There! Ja..
at 2013-12-29 00:32
Out There! J..
at 2013-11-24 16:56
Out There! J..
at 2013-11-20 01:11
銀の琴 op.7 in TO..
at 2013-10-04 19:30
東京倶楽部(水道橋店)にて
at 2013-08-25 11:16
SANTANA Second..
at 2013-03-23 16:55
A TIME TO KEEP..
at 2013-03-02 19:00
Stardust ..
at 2012-11-25 13:57
Stardust ..
at 2012-10-08 20:21
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ
全体
ご挨拶・このブログの使い方
INDEX・SONGS
INDEX・LIVE
INDEX・WHO'S WHO
SONG
SETLIST
WHO'S WHO
CD
口上
未分類
タグ
(21)
(16)
(12)
(11)
(9)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2016年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2007年 12月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
画像一覧


Ev'ry Time We Say Goodbye    「いつもさよならを」

- 1944年 Cole Porter -
c0163399_23114225.jpg
コール・ポーターが音楽を手がけた、44年開幕のブロゥドウェイ・レヴュウ"Seven Lively Arts"の挿入歌。(右下画像参照)

ストラヴィンスキーのバレー音楽を使い、初日にはベニー・グッドマンも出演・演奏した意欲作でしたが、興業的には成功しなかったようです。(具体的な入場者数は不明ですが、データによれば上演回数183回。微妙な数字ですが、成功からは程遠いでしょう。このレヴュウの詳細はこちら

大成功を収めた舞台や映画と共に、人気を博して今日に至った曲もあれば(例:My Favourite ThingsMoon River)、逆に最初の舞台や映画は殆ど忘れ去られているにも拘わらず、自らの魅力により単独で生き抜いてきた曲もあります。
このブログで採り上げた"You'd Be So Nice To Come Home To""How Long Has This Been Going On ?""These Foolish Things"などがそうです。
この曲もその一つに数えて良いでしょう。

なお、この曲の表記については、従来から"Everytime We Say Goodbye"とクレジットされている例も多いのですが、上のオリジナル・シート・ミュージックの表記に従い、このブログでは掲題表記で統一します。

コール・ポーター(1891年6月9日-1964年10月15日インディアナ州ペルー生まれ)はアメリカを代表する作曲家です。
このブログで採り上げた"You'd Be So Nice To Come Home To"の他、"Night And Day""Begin The Beguine""Love For Sale"を始め、生涯に約870曲を作りました。
2004年に奥さんのリンダとの関わりを中心に描いた20世紀フォックスの映画"De-Lovely"「五線譜のラヴレター」が公開されました。映画の中ではNatalie Coleがこの曲を歌っていました。
機会があれば、今後、彼の生涯とこの映画についても触れたいと思います。

45年、上記レヴュウにも関わったベニー・グッドマンが、Peggy Mannのヴァーカルをフィーチャーし、クインテットで録音し、全米12位のヒットを記録します。
c0163399_23134829.jpg
右画像は、当時の演奏を集めた編集版"Small Groups: 1941-1945"(Columbia)
以後、テディ・ウィルソン始め多くのアーティストがカヴァーします。

c0163399_23144437.jpg
ここでは、あと二つ紹介しましょう。
一つは"Ella Fitzgerald Sings The Cole Porter Songbook"(Verve 56年)
(左画像はオリジナル盤のジャケット)
エラ自身が「自分のターニング・ポイントとなった」と評しているアルバムです。
この時代のエラは脂の乗った、まさに黄金期の歌唱を聞かせます。彼女はソング・ブック・シリーズとして他にもガーシュウイン、ロジャーズ+ハート、エリントン等をとり上げ、その一連の作品は代表作として定評のあるところです。
そして、John Coltraneの"My Favorite Things"(Atlatic 61年)
c0163399_23152984.jpg
これはタイトルソングの記事でも紹介したアルバムです。今もなお高い人気を博しています。(右画像参照)


歌詞のリフレインは次のような泣かせる言葉が綴られています。
♫♫
僕達がさよならを言う度に、いつだって僕は少しばかり死ぬ思いさ
僕達がさよならを言う度に、いつだって僕は少しばかり考えてしまう
天にまします全知全能の神様方は、どうして僕のことを考えてくれないのだろう
君が行くのを許してしまうなんて
♫♫
(歌詞全文はこちら


多くのアーティスト同様、有美さんも、この曲をライヴのラストかアンコールで歌います。

では、私の記事も、このへんで。

アフィリエイトのお知らせ
上記のアルバムに関心のある方は、アルバム名をクリックすれば、リンクしている販売業者のサイトで詳細を確認できます。購入の判断等はご自身の責任でお願いします。
[PR]
by Eiji-Yokota | 2008-03-19 23:55 | SONG
<< Secret Night 2nd  Isn't It Ro... >>